予兆詩第30番

予兆詩第30番(旧27番) 1558年5月について

原文

La mer Tyrrhene 1 de differente voile.
Par l'Ocean seront divers assauts.
Peste 2 , poison, sang en maison de toile.
Presuls, legats 3 esmeus marcher mer haut. *1

異文

(1) Tyrrhene : thyrrhene 1650Le 1668
(2) Peste : Feste 1668
(3) legats : Legats 1594JF 1605 1628 1649Xa 1649Ca , Legate 1650Le 1668

(注記)校訂に関する注意事項は予兆詩第26番の異文欄を参照のこと。

日本語訳

異国の帆のティレニア海。
大洋を通じて様々な襲撃があるだろう。
ペスト、毒、血が幕屋の中で。
指導者や教皇特使たちは満潮の海を進むことに動揺する。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは、指定されている1558年5月の出来事と解釈した。彼は1行目は予兆詩第32番の4行目と関連付けている。
 2行目は大陸の拠点だったカレーを奪われたイギリスが、なおもそれに固執する様子を描いているとした。3行目の幕屋は帆船のことで、4行目はフランソワ2世の結婚式に参列しにきた高位聖職者の中には、海路を採った者もいたことを予言したと解釈した *2


名前:
コメント: