ノエル=レオン・モルガール

  ノエル=レオン・モルガール (Noël-Léon Morgard ou Mauregard, 生没年未詳)は、17世紀初期のフランスにおける代表的な占星術師の一人。人気を博した反面、批判にもさらされた。

【画像】著書の木版画に見るモルガールの肖像 *1

生涯

 モルガールはトロワで16世紀末頃に生まれたとされるが、それ以外の経歴などは分かっていない。しかしながら、17世紀初め頃に暦書や予言書を相次いで刊行し、当時その名は代表的な占星術師の一人として認識されていた。そのことは1634年に刊行された『新たに彼岸に到着した三人のユダヤ人占星術師モルガール、プチ、ラリヴェの遭遇と難破』などの書名にも垣間見ることが出来る(これは、彼らを嘲笑する作品であるという)。

 彼の著書には、ノストラダムスの六行詩集と全く同じ内容の『1600年に祝儀としてアンリ大王に献上されたノエル=レオン・モルガール師の予言集』や、『今年1614年向けのサンチュリ』など、ノストラダムスのスタイルを強く意識したものが含まれている。後者を含んだ別の著書として『今年1614年向けの、サンチュリを付記したモルガールの予言』があるが、これに対しては、『今年1614年向けの予言に関する反モルガール』と題する反論本が出された。

 彼の予言には、王家に批判的なものが含まれていたために、1614年1月にバスティーユ牢獄に投獄され、翌月、ガレー船での9年間の漕役刑を宣告されたと伝えられている。この辺りの詳細は不明だが、当時刊行された『モルガールのホロスコープ』に収録された風刺詩でも、漕役刑の刑期が9年間であることが示されている。その刑期中に没したと推測する者もいるが、定かではない。

書誌

モルガールの著書

  • ノエル=レオン・モルガール師の予言集』(刊行地・刊行年の記載なし)
  • 『パントコスム、すなわち天文観測の普遍的用具の周知、指導および使用法』 *2 (パリ、1612年)
  • 『暦法上の1年目1613年向けの暦』 *3 (刊行地未詳、1612年)
  • 『暦法上の2年目1614年向けの暦』 *4 (刊行地未詳、1613年)
  • 『1614年向けのモルガールのサンチュリ』 *5 (刊行地・刊行年の記載なし)
  • 『今年1614年向けの、サンチュリを付記したモルガールの予言』 *6 (刊行地・刊行年の記載なし)
  • 『ノエル=レオン・モルガールの宣言書』 *7 (パリ、1619年)
  • 『ノエル=レオン・モルガールの宣言書第二部』 *8 (パリ、1619年)
    • 最後の2冊では、モルガールはまだ漕役刑の刑期中でガレー船の漕役に従事していると語っている。チオラネスキュの書誌では2冊とも偽書と注記されている。

同時代の反論や風刺など

いずれも著書不明である。
  • 『今年1614年向けの予言に関する反モルガール』 *9 (パリ、1614年)
  • 『反モルガール、あるいは公益の亡霊』 *10 (刊行地の記載なし、1614年)
  • 『モルガールのホロスコープ』 *11 (パリ、1614年)
  • 『新たに彼岸に到着した三人のユダヤ人占星術師モルガール、プチ、ラリヴェの遭遇と難破』 *12 (パリ/ オータン、1634年)

弟子と称する者の著書

『20年間向けだが主として1623年向けの無謬のサンチュリと奇妙な予言を加えた、モルガールの弟子フランソワ・ラバン師の、1623年に起こる全ての事柄の真実の占星と占筮』 *13 (パリ、1622年)

参考文献

  • Hoefer(direction), Nouvelle biographie universelle depuis les temps les plus reculés jusqu'à nos jours, Tome 34, Paris, 1861
  • J. Grand-Carteret, Les almanachs français (1600-1895), Paris, 1896
  • Jacques Halbronn, Documents inexploités sur le phénomène nostradamique, Feyzin, 2002
  • Alexandre Cioranescu, Bibliographie de la littérature française du dix-septième siècle, Paris, Tome 2, 1966


名前:
コメント: