六行詩52番

原文

La grand Cité qui n'a pain à demy,
Encor vn coup la sainct Barthelemy 1 ,
Engrauera au profond de son ame 2 ,
Nismes, Rochelle, Geneue & Montpellier,
Castres 3 , Lyon, Mars entrant au Belier 4 ,
S'entrebattront le tout pour vne Dame 5 .

異文

(1) Barthelemy : Berthelemy 1600Mo 1611 1649Ca, Bartelemy 1627
(2) ame : Ame 1672
(3) Castres : Castre 1611B 1627 1644
(4) Belier : belier 1600Mo
(5) Dame : dame 1600Mo

日本語訳

その大都市はパンを半分しか持てず、
さらに聖バルトロマイの一撃は、
その魂の奥底に刻み込むだろう。
ニーム、ラ・ロシェル、ジュネーヴ、モンペリエ、
カストル、リヨン。マルスは白羊宮に入っている。
一人の婦人のせいで皆が争い合うだろう。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは1572年8月の聖バルトロマイ(サン=バルテルミー)の祝日に起きた「サン=バルテルミーの虐殺」の予言とした。この事件はパリ(「大都市」)で起こり、フランス中に波及した。黒幕と目されていたのは、王太后カトリーヌ・ド・メディシス(「婦人」)であった。


 ほかに、未来にサン=バルテルミーの虐殺を髣髴とさせるような事件が起こると解釈する者もいる。アンドレ・ラモン(1943年)は、1943年5月以降にフランスで多くの人命が失われることの予言とした *2

同時代的な視点

 この詩の出版は1605年のことである。当然にして事後予言が疑われるべきだろう。

その他

 1600Au では50番になっている。


名前:
コメント: