六行詩1番

原文

Siecle nouueau, alliance nouuelle,
Vn Marquisat 1 mis dans 2 la nacelle 3 ,
A qui plus fort des 4 deux l'emportera,
D'vn Duc d'vn Roy, gallere de Florance 5 ,
Port 6 à 7 Marseil, Pucelle 8 dans la France,
De Catherine 9 fort chef 10 on rasera 11 .

異文

(1) Marquisat : Marquiat 1627
(2) dans : dedans 1600Au 1600Mo 1611 1627 1649Ca 1672
(3) nacelle : nasselle 1600Au 1644, Nacelle 1600Mo 1672
(4) des : de 1600Mo
(5) Florence : Provence [?] 1600Au
(6) Port : Porte 1600Mo
(7) à : de 1672
(8) Pucelle : pucelle 1600Mo 1644
(9) Catherine : Caterine 1627
(10) fort chef : Fort Chef 1672
(11) rasera : razera 1600Au

日本語訳

新たな世紀、新たな結び付き。
吊り籠に置かれた侯国、
それを奪い去るであろう二人のうちのより強い方へと。
(二人とは)片や公爵、片や王。フィレンツェのガレー船、
マルセイユの港、フランスの乙女。
カトリーヌの主要な要塞を、人々は取り壊すだろう。

訳について

 五島勉*1 についてコメントしておく。
 2行目「マルキーザは小さな船(ナセル)の中に置かれる」は誤りではないが、その語注で「マルキーザ」を「辺境を守る大将軍」としているのは誤り。Marquis (侯爵、辺塞司令)と混同したものだろう。Marquisat は「侯爵領、侯国」の意味。
 3行目「それをより強い者が破滅さす」も少々疑問。l'emporter は「打ち勝つ」という意味もありはするが、「破滅させる」というニュアンスは無い。
 6行目「人々は強い指導者カトリーヌに飽きるだろう」は誤訳。raser (剃る、取り壊す)には「うんざりさせる」という意味もあるが、この場合、主語は on (人々は)なので「人々がうんざりさせる」という意味になってしまう。また、その訳では行頭の De の役割が不明。

信奉者側の解釈

 テオフィル・ド・ガランシエールは、1600年代初頭のことと解釈した。
「新たな結びつき」は、1600年にアンリ4世とカトリーヌ・ド・メディシス(原文ママ。マリー・ド・メディシスの誤り)が結婚したことを指す(allianceには結婚の意味もある)。
 王と公が争っている侯国とはサルッツォ侯国(marquisat de Salluces)で、当時、帰属を巡ってアンリ4世とサヴォワ公の間で争点になっていた(1601年のリヨン条約でサヴォワ公国への帰属が決定)。
 4行目から5行目にかけては、フィレンツェにいたマリー・ド・メディシスが、フランスの船でマルセイユに上陸したことを指す(1600年11月3日)。
 カトリーヌの主要な要塞とは、ジュネーヴ近郊のサント=カトリーヌ要塞(Fort Sainte-Catherine)で、サヴォワ公と争っていたアンリ4世は、陥落させるとすぐに取り壊した *2
 マリニー・ローズもこの解釈を踏襲した *3

 五島勉は「新たな世紀」を21世紀と捉え、それまで考えられなかった同盟関係が成立することと解釈した。ただし、2行目以降の詩句についてはほとんど解説していない *4

同時代的な視点

 ローズやガランシエールの解釈は詩の情景をよく説明している。彼らは六行詩を本物と見た上で解釈しているが、むしろこの詩は1600年末以降に偽造された事後予言と見るのが妥当だろう。


名前:
コメント: