エクトール・ド・ノートルダム

  エクトール・ド・ノートルダム (Hector de Nostredame, 生没年未詳)は、ノストラダムスの弟の一人。サン=レミ=ド=プロヴァンスに生まれたが、洗礼記録などはなく、詳細は不明である。

 弟のアントワーヌの息子エクトールの洗礼記録に、立ち会った代父として「商人のエクトール・ド・ノートルダム」の名が記されている *1 。ほぼ間違いなく同一人物であろうから、エクトールの職業は商人だったと考えられる。

 1546年4月26日の結婚契約書が残っている *2 。相手の名はアントワネット・ド・モルゲート(Antoinette de Morguète)だが、アントワネットはアントネート(Anthonete)、トネート(Thonète)など、表記に揺れがある。
 アントワネットはマルティーグ島のジャン・モルゲ(Jean Morguet *3 )とカトリーヌ・ド・ベランギエール(Catherine de Bérenguière)という夫婦の娘であったという。カトリーヌはサン=レミとタラスコンに不動産を所有していたようである。
 エクトールとアントワネットの間には、一人娘フロリモンドが生まれた *4

関連項目



名前:
コメント: