六行詩2番

原文

Que 1 d'or d'argent 2 fera 3 despendre 4 ,
Quand Comte voudra Ville 5 prendre,
Tant de mille & mille soldats 6 ,
Tuez, noyez, sans y rien faire,
Dans plus 7 forte 8 mettra pied terre 9 ,
Pigmée 10 ayde 11 des Censuarts 12 .

異文

(1) Que : Qui 1627 1644
(2) d'argent : & d'argent 1600Mo
(3) fera : on verra lors 1600Au
(4) despendre : de pendre 1672
(5) Ville : ville 1600Mo 1611 1627 1644 1649Ca
(6) soldats : Soldats 1672
(7) Dans plus : Dont le plus 1600Mo
(8) forte : fort 1600Mo
(9) pied terre : pied à terre 1600Au, le pied à terre 1600Mo
(10) Pigmée : Pigmee 1600Mo
(11) ayde : aydé 1600Au 1611 1627 1644 1672
(12) Censuarts : Censurds 1600Mo

校訂

 最後の行の ayde はaydé の可能性がある。
 3行目 soldats と6行目 Censuarts は韻を踏んでいない。soldats は souldards などと綴られることもあったので、そういう形で韻を整えるべきなのかもしれないし、逆に意味がはっきりしない Censuartの方に、何らかの誤植が含まれているのかもしれない。

日本語訳

どれほど多くの金銀を費やさせるのだろうか、
伯爵が都市を手に入れようとする時には。
何千という兵士たちが
そこで何もしないまま殺され、溺死させられる。
より強い土地に足を踏み入れて、
小人族は年貢徴収領主たちに助けられる。

訳について

 最後の行は aydé として訳した。ayde だとすると、「小人族は何人かの年貢徴収領主たちを助ける」となる。なお、Censuartを「年貢徴収領主」と訳したのは暫定的な訳。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエール次の詩とともに、1601年から1604年にかけてベルギーの港町オーステンデで繰り広げられた攻囲戦と解釈した。
 この攻囲で都市を守ったのはオランダ勢で、その指導者がオラニエ公マウリッツだった。マウリッツはその攻囲戦の際に、オーステンデよりも強固とされていたスペイン側の拠点スリュイス(オランダの港町)を陥落させていた。「より強い土地」はこのことだという。
 小人族はマウリッツのことで、スペイン勢を指揮したアルブレヒト大公に比べて小さな存在としてそう呼ばれているとした。Censuarts は(根拠を示していないが)イングランドとフランスのことで、スペインに対抗するため、マウリッツに肩入れしたことを指すという。

同時代的な視点

 六行詩集が1605年までに偽作されたものである場合、ガランシエールの解釈は事後予言の一つの可能性を示すものだろう。
ただし、最初の2行はむしろ「伯爵」がどこかの都市に攻囲戦を仕掛けるように読める。


名前:
コメント: