Æmathien

  Æmathien はラテン語 Emathia の派生語と解釈される *1 。エマティアは古代マケドニアの一地域名で、しばしばマケドニアそのものやテッサリアの換称として用いられた。

 かつてアナトール・ル・ペルチエは、ヘルメスの息子ケパロスとアウロラの子供の名前として、太陽に関わる語と見なして、太陽王ルイ14世に結び付けていた。しかし、こうした読み方は現在の実証的な論者からは支持されていない。

 エマティアが何を意味するものとして用いられているのかは、はっきりしない。マケドニア王フィリッポス2世からの連想としてスペイン王フェリペ2世を想定したとか *2 、アレクサンドロス大王の事績が想定されているとする *3 などの説がある。

  Mathien という一度だけ登場する語は、Æmathien の語頭音消失と見なすのが一般的である *4

登場箇所

AEmathien

AEmathion

Mathien


名前:
コメント: