六行詩3番

原文

La Ville 1 sans dessus dessous 2 ,
Renuersée 3 de mille coups
De canons 4 : & forts dessous 5 terre 6 :
Cinq 7 ans tiendra: le tout remis,
Et lasche 8 à ses 9 ennemis,
L'eau leur fera apres la guerre.

異文

(1) Ville : ville 1600Mo 1611 1644 1649
(2) sans dessus dessous : sans-dessus-dessous 1600Mo
(3) Renuersée : Renuersee 1600Mo 1611 1627
(4) canons : Canons 1672
(5) dessous : dessus 1600Mo 1627
(6) terre : Terre 1672
(7) Cinq : Trois 1600Au
(8) lasche : laschee 1600Au 1600Mo 1611 1627, laschée 1644 1649Ca, lasché 1672
(9) à ses : à tous ses 1600Mo

日本語訳

都市は上も下もなく
掻き乱されるだろう。一千発の
砲弾によって。地下の要塞群。
全てが元通りになるには五年かかるだろう。
そして、その敵たちに開放される。
戦争の後で水が彼らに為すだろう。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、前の詩とともに、ベルギーの貿易港オーステンデが攻囲されたときの状況と解釈した。ただし、ガランシエール自身その攻囲は5年ではなく3年だったとしているように、1601年から1604年のことだった。

 エリザベート・ベルクールは、1668年アムステルダム版『予言集』に載っていた解釈として1666年のパリの火災(incendie)を、19世紀イギリスの解釈者の解釈として1666年のロンドン大火を、それぞれ挙げている *1
 ただし、1668年アムステルダム版には、ベルクールが言うような解釈は見当たらない。六行詩で解釈されているのは25番54番である。また、19世紀イギリスの解釈者も誰のことか分からない。少なくとも、チャールズ・ウォード(1891年)はこの詩を解釈していない。

 マックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)は1939年の時点では、第二次世界大戦中のパリ壊滅と解釈していたものが、戦後になって第三次世界大戦のものへと解釈を変更した *2 。これはベルクールが批判したとおりである。

同時代的な視点

 事後予言として解釈した場合、ガランシエールの解釈は十分に説得的である。オリジナルと思われる 1600Au の原文で「3年」とされていたことも、それとの関連から説明できる可能性がある。


名前:
コメント: