百詩篇第1巻64番


原文

De nuit soleil 1 penseront 2 auoir 3 veu,
Quand le pourceau 4 demy-homme 5 on verra,
Bruict, chant, bataille 6 , au ciel 7 battre aperceu
Et bestes brutes a 8 parler 9 lon 10 orra.

異文

(1) soleil : Soleil 1568I 1589PV 1591BR 1605 1610 1611A 1627 1630Ma 1644 1649Xa 1650Ri 1653 1660 1665 1672 1716 1792La
(2) penseront : penserent 1605 1628 1649Xa, ont penser 1611B 1660 1792La
(3) auoir : avoit 1611B 1660 1792La
(4) pourceau : Pourceau 1672
(5) demy-homme 1555 1644 1665 1840 : demy homme T.A.Eds.
(6) chant, bataille : Chant, Bataille 1672
(7) ciel : Ciel 1568I 1590SJ 1605 1611 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1660 1668 1672 1792La
(8) a 1555 1557U 1672 1840 : à T.A.Eds.
(9) parler : paler 1653
(10) lon : on 1588-89 1590SJ 1649Ca 1650Le 1668 1672, l'on 1590Ro 1605 1611 1627 1628 1630Ma 1644 1649Xa 1650Ri 1653 1660 1665 1772Ri 1792La

(注記)1792La はランドリオ出版社版の異文。

日本語訳

彼らは夜に太陽を見たと思うだろう、
半人の豚を目撃するであろう時に。
騒音、歌、戦闘。空に現れた戦い。
人々は野獣が話すのを耳にするだろう。

訳について

 山根訳は全く問題はない。

 大乗訳2行目「半数の人が豚を見るようになるときには」 *1 は誤訳。demy-homme は pourceau の形容詞的なものである。
 4行目「獣は語らいを聞くようになるだろう」も不適切で、on orra(人々は聞くだろう)が無視されている。ヘンリー・C・ロバーツの英訳 And brute beasts shall be heard to speak. *2 を訳し間違えたものだろう。

信奉者側の見解

 ヘンリー・C・ロバーツは20世紀以降の戦争の描写と解釈した *3エリカ・チータムも同様で、夜に見える「太陽」をサーチライトや爆弾、「半人の豚」をマスクやヘルメットをかぶった戦闘機のパイロットの隠喩などとしていた *4

 内田秀男(未作成)は「豚」を深夜放送で流れる女性の裸と解釈し、電気の普及で夜も明るくなることや、将来テレパシーの放送を聞くようになることと解釈した *5

 五島勉は現代戦の描写や深夜放送とする解釈を批判しつつ、1999年の少し前の終末の光景と解釈した。
 五島は「豚」を『新約聖書』「ペテロの手紙II」に基づく比喩と見て、抜本的な反省のないまま環境汚染を繰り返す現代人と解釈した。また、「野獣」は『新約聖書』「ヨハネの黙示録」に登場する「十本の角と七つの頭を持つ獣」を踏まえたもので、終末に現れる白人連合と解釈した。他方で、1行目の「太陽」は、太陽エネルギーか日本の暗示で、日本が終末を覆せる希望が込められている可能性があるとした *6

同時代的な視点

 ピエール・ブランダムールピーター・ラメジャラーロジェ・プレヴォ高田勇伊藤進らは、ここに挙げられている「夜の太陽」「半人の豚」「空から聞こえる戦闘音」「話す獣」は、いずれも古代ローマ時代から多くの論者によって書きとめられてきた驚異であるとしている。
 こうした驚異はノストラダムスと同時代のアンブロワーズ・パレやコンラドゥス・リュコステネス(未作成)らによっても記録されていた *7


名前:
コメント: