ドフィーヌ・ド・ノートルダム

  ドフィーヌ・ド・ノートルダム (Dauphine de Nostredame)は、ノストラダムスの姉もしくは妹。しばしばノストラダムスの妹で第二子(長女)とされるが、生年がはっきりしないため、ミシェル(ノストラダムス)とドフィーヌのどちらが第一子だったのかは特定できない。1576年の遺言書で「大変な高齢」(Son extrême vieillesse)とあることから長子と推測するものもいる *1
 名前はデルフィーヌ(Delphine)と綴られることもある。

 生涯をサン=レミ=ド=プロヴァンスで過ごし、独身を貫いた。弟のアントワーヌ・ド・ノートルダムとのかかわりでいくつかの史料に名を見出すことができる *2

 1576年の遺言書では、遺産の受取人としてアントワーヌとその息子クロード(未作成)を指名している *3


名前:
コメント: