予兆詩第50番

予兆詩第50番(旧46番) 1559年12月について

原文

La joye en larmes viendra captiver Mars.
Devant le grand 1 seront esmeus divins 2 .
Sans sonner mot entreront par trois pars.
Mars assoupi, dessus glas trouter 3 vins. *1

異文

(1) le grand : le Grand 1594JF 1605 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1668
(2) divins : Diuins 1594JF 1605 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1668
(3) trouter : troutent 1594JF 1605 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1668A, troute 1668P

英訳版原文

The joye in teares shall subdue Mars,
Before the great shall divines be moved.
Without seking any word shal enter on thre partes.
Mars beyng appeased upon the yce all wynes.

(注記)この英訳は英訳版『1559年向けの暦』に掲載されていたものである。1559年向けの予兆詩はオリジナルが現存していないこともあるので、参考のため掲載しておく。

日本語訳

涙に暮れた悦びがマルスを捕らえに来るだろう。
偉大な者を前に、神々しい者たちは動揺するだろう。
彼らは言葉を発することなく、三方向から入るだろう。
マルスは鎮められ、氷の上をブドウ酒が駆け巡る。

訳について

 4行目 glas は同時代の英訳やエドガー・レオニの英訳に従って「氷」とした。12月向けであることからして、そうおかしなものではないと思うが、「喧騒の上をブドウ酒が駆け巡る」とも訳せるのかもしれない。

 なお、1559年の英訳で all wines となっているのは、troutertrestous か何かと見間違えたものだろうと、ベルナール・シュヴィニャールから指摘されている。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは、1行目を1559年6月30日のアンリ2世の負傷、最後の行を商人たちが平和な中で取引を行うことと解釈した *2
 中2行は1560年3月にプロテスタント(「神々しい者たち」)が国王(「偉大な者」)をさらおうとした「アンボワーズの陰謀」の描写と解釈した *3

同時代的な視点

 マリニー・ローズは、4行目について、祝祭によって戦いが中断され、氷が張っている場所で、ワインが行ったり来たりする様子の描写と推測している *4


名前:
コメント: