Almanach, Pour l'an 1560

 『 1560年向けの暦 』(Almanach, Pour l'an 1560)は、ノストラダムスの暦書のひとつ。1559年頃にパリのギヨーム・ル・ノワールが出版した。

【画像】『1560年向けの暦』の扉。本来は二色刷りである。 *1

正式名

  • Almanach, Pour l'an 1560, Composé par Maistre Michel Nostradamus, Docteur en Medicine, de Salon de Craux, en Provence. Tu teipsum oblectes, & vulgi verba loquacis. Sperne, bene hic de te dicet, at ille malè.
    • プロヴァンス州サロン・ド・クローの医学博士ミシェル・ノストラダムス師により構成された1560年向けの暦。

内容

 24葉(48ページ相当)からなり、序盤が暦になっている。各月のカレンダーは2色刷りで、冒頭に予兆詩が掲載されている。全般向けの予兆詩は収録されていないので、予兆詩は全部で12篇である。
続いて、「非常に高貴、高名、有徳にして力強き領主にして王附騎士、レヴァント方面提督にしてプロヴァンス総督であらせられるタンド伯クロード・ド・サヴォワ閣下へ、その非常に賤しく非常に忠実にして親愛なる従僕ミシェル・ノストラダムスが、喜び、安寧、至上の繁栄をお祈りいたします」(A Treshault Tresillustre, tresuertueux & puissant Seigneur Monseigneur messire Claude de Sauoye, Comte de Tende, Cheualier de l'ordre du Roy, Admiral des mers de leuant, Gouuerneur & Lieutenant general pour le Roy en Prouuence, Michel Nostradamus son treshumble & tresobeissant & tresaffectionné seruiteur desire Ioye, Salut, & supreme Prosperité.)と題された1559年3月10日付の献辞が掲載されている。

 その後は各月向けの散文での予言(prediction)が続いている。これは、ジャン=エメ・ド・シャヴィニーが転記した『散文予兆集成』第5巻前半(第1番~第334番)に対応しているようである。
12月までの予言が終わると「サロン・ペトラのミシェル・ノストラダムスにより、1560年向けに1559年2月7日作成」(Faciebat Michael Nostradamus, Salonae Petreae Prouinciae. VII. Februarii, 1559. pro anno 1560.)とあった。「サロン・ペトラ」はノストラダムスがラテン語で署名するときにしばしば使った言い回しで、サロン=ド=プロヴァンスのことである。

 その後に1560年の惑星の逆行や日食について触れたページがあり、一番最後には1559年11月4日付の特認の抜粋が載っている。

所蔵先

 ノストラダムス記念館に唯一所蔵されている。それは、かつてダニエル・ルソの蔵書だったもので、2007年4月23日のオークションで5200ドルで落札されたものである。現在ではインターネット上で全ページ分公開されている。

 なお、バイエルン州立図書館にはかつて『1560年向けの暦』(Almanach pour l'an (1560))が所蔵されていたという記録がある(この原題で年号がカッコ書きになっているのは、フランス語で書かれていた数字を算用数字によって簡略化したものだろう)。それについては、パリで出版されたということしか分からない *2 。同じものなのか、別の業者によるものか不明である。

外部リンク



名前:
コメント: