百詩篇第8巻3番 (補遺篇)

百詩篇第8巻>3番(補遺篇)*

原文

Las quel 1 fureur ! 2 helas quelle pitié 3
Il y aura entre beaucoup de gens 4 ,
On ne veit 5 onc vne telle amitié,
Qu'auront les loups 6 à courir diligens.

異文

(1) quel 1588Rf 1589Rg : quelle T.A.Eds.
(2) fureur ! : fureur ị 1589Me, fureur 1611A 1612Me, fureur, 1611B 1672Ga 1981EB
(3) pitié : pitié ! 1981EB
(4) gens : gens ! 1628dR 1649Ca 1650Le 1668
(5) veit 1588Rf 1589Rg : vit T.A.Eds.
(6) loups : Loups 1672Ga

  • (注記1)この詩は全ての版に含まれているわけではないため、底本を 1588Rf とし、比較の対象に 1589Me, 1589Rg, 1605sn, 1611A, 1611B, 1612Me, 1628dR, 1649Ca, 1649Xa, 1650Le, 1668, 1672Ga, 1981EB を用いた。
  • (注記2)1589Me の fureur の次の語は i が逆に印字されており、 ! とは明らかに異なる(上では近い字体で代用)。

日本語訳

ああ何たる猛威!ああ何たる不幸!
(それが)多くの人々の間で起こるだろう。
勤勉なオオカミたちが走り回らねばならないであろうほどの
そんな友情はかつては見られなかった。

訳について

 1行目 pitié は中期フランス語では「不幸」(misère, malheur)の意味もあった *1
 訳の都合上、3行目と4行目を入れ替えて訳している。

 大乗訳はそれほど問題はない。

信奉者側の解釈

 ジャック・ド・ジャン(1672年)は当時の英仏蘭の関係と解釈している *2

 アンドレ・ラモン(1943年)は、補遺篇の第8巻2番とともに、第一次世界大戦後について、粘り強く協調しないと再び戦争が起こると警告する詩だったと解釈した *3

 ジョン・ホーグによれば、アドルフという人名は古代高地ドイツ語では「高貴なオオカミ」を意味していたという。他方でオオカミに育てられたロムルスとレムスの伝説によって、イタリアとオオカミも結びつきが深い。ゆえに、「オオカミ達」はヒトラーとムッソリーニの枢軸を指すとする *4

 ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌは、第二次世界大戦後のフランスとドイツの関係についての予言と解釈した *5

同時代的な視点

 百詩篇第3巻33番(未作成)ではオオカミが都市内に入ることと戦争が結び付けられている。当時の世人はオオカミに強い恐怖心を抱いていたというし *6 、荒んだ社会情勢を表していると見ることもできる。


名前:
コメント: