予兆詩第67番

予兆詩第67番(旧60番) 1561年4月について

原文

Le temps purgé, pestilente tempeste.
Barbare insult, fureur, invasion,
Maux infinis par ce mois nous appreste.
Et les plus grands 1 deux moins d'irrision 2 . *1

異文

(1) grands conj.(PB): Grands T.Eds.
(2) d'irrision : d'irrison 1650Le

(注記)初出である『1561年向けの暦』は断片が現存しているが、この詩が載っていたページは現存しておらず、比較できない。

百詩篇第7巻75番

Le temps purge pestilente tempeste.
Barbare insulte, fureur, inuasion
Maux infinis par ce mois nous appreste
Et les plus grands dans 1 moins d'irrision.

異文

(1) dans : d'ans 1589Me

(注記)1588年から1589年にパリで出された版には、百詩篇第7巻75番として収録されていた。信頼性の点で疑問だが、初出が現存していないため、ほぼ同じ時代の参考資料として掲載しておく。底本は1588Rf で、比較に 1589Rg, 1589Me を使った。なお、この詩篇は予兆詩との一致がつとに知られていたため、1590年以降の『予言集』に、この詩を収録したものはなかった。


日本語訳

時代が一掃される。悪疫の嵐。
バルバロイの攻撃、激昂、侵略。
今月を通じて、際限のない災厄が我らに仕向けられる。
そして最も偉大な二人はあまり嘲弄されない。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは2行目後半以降は1562年4月に当てはめ、その時に国王シャルル9世が軍事会議を開いたり、臣下に親書を送ったりしたことと解釈した。
 2行目前半までは1564年のこととして、前年に第一次ユグノー戦争が終わったことと、1564年にペストが大流行したことと解釈した *2


名前:
コメント: