百詩篇第1巻62番


原文

La grande 1 perte las que 2 feront 3 les letres 4 :
Auant le cicle 5 de Latona 6 parfaict 7 ,
Feu, grand deluge 8 plus par ignares sceptres 9
Que de long siecle 10 ne se verra refaict.

異文

(1) grande : grand 1588-89
(2) las que : las ! que 1594JF 1597 1600 1630Ma 1644 1649Ca 1650Le 1650Ri 1665 1668 1716
(3) feront : seront 1590SJ 1650Le 1668
(4) les let(t)res : lss lettres 1591BR, les Lettres 1672
(5) cicle : siecle 1588-89, ciel 1591BR 1597 1600 1716, Ciel 1605 1611 1628 1649Xa 1660, Circle 1672
(6) Latona : Lat on a 1600 1610 1716, latona 1627, laton a 1589PV 1590SJ 1649Ca 1650Le 1668, Latone 1594JF
(7) parfaict, : parfait ! 1594JF
(8) deluge : Deluge 1672
(9) ignares sceptres : ignares sceptes 1557U 1557B, ignare sceptre 1589Me, ignares Sceptres 1672
(10) long siecle : lon siecle 1605 1611A 1628 1649Xa, l'on siecle 1611B 1660

校訂

 ピエール・ブランダムールLatona(ラトナ)を Latonia(ラトナの娘)と校訂している。従来、ラトナが「月」の意味で用いられていることは、ラテン語や神話の知識がある論者の間で全く異論がなかった。しかし、それならば Latonia の方が適切であろうことは疑う余地がない。

日本語訳

ああ、文芸が大損失を蒙るだろう、
ラトニアの周期が完成する前に、
火と大洪水、より甚だしくは無知な王杖によって。
長い世紀を経てしか、元に戻らないだろう。

訳について

 大乗訳1行目「ああ 苦しみをなくすことは なんと困難なことだろう」 *1 は、lettres(文芸、学芸)に対応する言葉が訳されていない上、「苦しみ」がどこから出てきたのか分からない。あとの行は許容範囲として理解できる余地がある。

 山根訳はおおむね許容範囲内。3行目「大火 大洪水が より無知な支配者のせいで」 *2 にしても、直訳ならば確かにそうも訳せる。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは、文学(lettres)が戦争の継続、蕩尽、蔵書の焼失さらには王侯の無知などによって大損害を蒙ることの予言とし、その範囲である「月の周期」(le cycle lunaire)は1558年から1577年であるとした *3

 アンドレ・ラモンは、第二次世界大戦中に、現下の戦争が文学にもたらす被害の大きさを予言したものと解釈した *4

 セルジュ・ユタンは第一次世界大戦の予言とした *5

 加治木義博は laton を「小鼠」(raton)、cycle を cie cleと分けて「組織」(C ie )と「秘訣」(clé)とするなど、原文を色々と読み替えた上で、ブラック・マンデーの株暴落(1987年)や、9.11のアメリカ同時多発テロ事件(2001年)と解釈した *6

同時代的な視点

 ノストラダムスの予言には、しばしば無知な権力者によって学問が迫害される様子が登場している。セザールへの手紙にも「私は文芸が非常に大きく比類のない損失に見舞われるであろうことを見出す」(第40節)とある。セザールへの手紙では、直後で世界的な大洪水と、空から降ってくる火の雨について語られており、モチーフの共通性は明白である。

 「ラトニアの周期」は「月の周期」と同じことで、354年4ヶ月(未作成)の周期が考慮されているのなら、1533年から1887年を指している *7



名前:
コメント: