高田勇

  高田勇 (たかた いさむ、1931年 - 2012年9月23日)は、フランス文学者、明治大学名誉教授。明治大学文学部卒業、同大学院文学研究科修士課程修了。明治大学文学部教授をつとめ、2010年に瑞宝中綬章を受章した *1 。専攻はフランス・ルネサンスの文学で、関連する著書・訳書を多数上梓したほか、フランス語教育に関する著書なども手がけた。日本ロンサール学会会長(2006年時点)。

 2012年9月23日、食道がんのため81歳で逝去した *2

著書・訳書

著書

  • 初級フランス語20課(ソランジュ内藤との共著、第三書房、1969年)
  • フランス語12カ月(林田遼右、内海利朗との共著、大学書林、1970年)
  • フランス語に親しもう(ピエール・デレウゼとの共著、駿河台出版社、1980年)
  • ぼくのフランス便り(ピエール・デレウゼとの共著、朝日出版社、1987年)

訳書

  • S.ドレスデン『ルネサンス精神史』(平凡社、1970年)
  • ジャン・セズネック『神々は死なず:ルネサンス芸術における異教神』(美術出版-社、1977年)
  • イヴォンヌ・ベランジェ(未作成)『プレイヤード派の詩人たち』(伊藤進との共訳、白水社、1981年)
  • 『ロンサール詩集』(青土社、1985年)
  • V.-L.ソーニエ『中世フランス文学』(神沢栄三との共訳、白水社、1990年)
  • イヴォンヌ・ベランジェ『モンテーニュ精神のための祝祭』(白水社、1993年)
  • F. A. イェイツ『十六世紀フランスのアカデミー』(平凡社、1996年)



ノストラダムス関連


 1999年に伊藤進との共編著で、ピエール・ブランダムールの校訂に基づく訳書 『ノストラダムス予言集』を公刊した。全訳ではなかったとはいえ、日本における予言詩の翻訳の質を飛躍的に向上させた業績は特筆に価する。

 2000年には樺山紘一村上陽一郎(未作成)との共編著 『ノストラダムスとルネサンス』 を刊行した。そこに収められた高田の論考2篇は、フランス文学史の中でノストラダムスを正当に位置づけようとする試みと、ノストラダムス現象に関する分析である。なお、そこには、かつて自身が訳者をつとめたフォンブリュヌの姿勢に対する批判も含まれている。


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • 16世紀フランス文学研究全体についても様々な業績を残された方だと思いますが、日本のノストラダムス研究を前進させる上でも欠かせない方だったと思います。ご冥福をお祈りいたします。 -- sumaru (2012-10-04 22:21:04)
名前:
コメント: