An Almanach for the Yere M. D. LXII.


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 『 1562年向けの暦 』(An Almanach for the Yere M. D. LXII.)は、英訳されたノストラダムス暦書。ただし、その内容は『1555年向けの占筮』などを流用した粗悪な偽版である。出版地や出版業者の記載はないが、ロンドン(未作成)ウィリアム・パウェルの可能性が指摘されている *1

正式名

  • An Almanach for the Yere M. D. LXII. made by maister Michael Nostradamus Doctour of phisike, of Salon of Craux in Provence.
  • プロヴァンス州サロン・ド・クローの医学博士ミシェル・ノストラダムス師により作成された1562年向けの暦

内容

 英訳された予兆詩12篇を含む暦(カレンダー)だが、予兆詩は1555年向けの予兆詩を流用したものである。

 唯一現存するシェイクスピア図書館の蔵書は、10月24日以降の暦が失われているが、現存分だけで15ページある。他のページの類推から、少なく見てもあと3ページはあったと考えられるので、実際のページ数は18ページ以上あったと思われる(加えて、現存する版には手書きで何か書き込まれた白紙ページが2ページ分ある)。
 四行詩は1月分から10月分まで、1555年向けの暦書と同じ配列で並んでいる。ただし、1555年全体向けの詩は見当たらない(1月分に先行するらしい "The declaration of this Almanach" と題するページは現存するが、そこには四行詩はない)。

所蔵先

 ワシントンのフォルガー・シェイクスピア図書館(Folger Shakespeare Library)に唯一現存するが、上にも述べたように、後半が破損している不完全なものである。

 EEBOで限定的に公開されている。



名前:
コメント: