collisee

  collisee は現代フランス語の Colisée(ローマのコロッセオ)と同じとされる。アナトール・ル・ペルチエが示し、マリニー・ローズピーター・ラメジャラージャン=ポール・クレベールらはいずれもこの立場である。

 ル・ペルチエはもうひとつ、ラテン語の collisio に由来する「衝突、衝撃」の意味とする読み方も示していた。そちらはエドガー・レオニが言及しており、信奉者側にはしばしば見られるものの、実証的に支持されているとは言いがたい。

登場箇所


 百詩篇第10巻6番に登場する colosse も円形闘技場の意味とされる。


名前:
コメント: