六行詩7番

原文

La sangsuë 1 au loup 2 se ioindra,
Lors 3 qu'en mer 4 le bled defaudra 5 ,
Mais le grand Prince sans enuie,
Par ambassade 6 luy donra 7
De son bled pour luy donner 8 vie,
Pour vn besoin s'en pouruoira 9 .

異文

(1) sangsuë : Censue 1600Au, Sangsue 1672
(2) loup : Loup 1672
(3) Lors : Alors 1600Au
(4) mer : Mer 1672
(5) defaudra : on defendra[?] 1600Au, deffendra 1600Mo
(6) ambassade : Ambassade 1600Mo 1672
(7) luy donra : leur donra 1600Au, leur donnera 1600Mo
(8) luy donner : leur donner 1600Mo
(9) pouruoira : poutuoira 1600Mo, prouuoira 1627

日本語訳

蛭が狼に加担するだろう、
海で小麦が不足するであろう時に。
しかし欲のない偉大な君主は、
大使館を通じて彼に贈るだろう、
彼を生かすための小麦を。
欲求に応じてそれを用意するだろう。

訳について

 4、5行目の便宜上「彼」と訳した luy は、狼と蛭のどちらを指しているともとれるが、おそらく蛭の方だろう。

信奉者側の見解

 第二次世界大戦前夜から大戦中にかけて、王政復古するフランスとスペインの関係と解釈されていた。
 エミール・リュイール(未作成)(1938年)は、1945年頃にスペインで革命が起こり、王政復古を成し遂げたフランスの属国になることの予言と解釈した *1
 アンドレ・ラモン(1943年)は、スペインが逼迫してドイツと同盟を結ぶことになるが、ペタン政権の後に生まれるアンリ5世のフランス王権はそれを喜ばず、援助を行うことの予言とした *2


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。

  • 欲求に応じてそれを用意するだろう。  「救いが(ふんいきを)柔らかにするだろう 」 こちらの求め=要求ではない -- 名無しさん (2014-04-25 16:48:26)

名前:
コメント: