ジャン・ル・プルチエ

  ジャン・ル・プルチエ (Jean Le Peletier)は、16世紀パリの医学博士。細かい経歴などは不明であるが、同時代の書誌学者ラ・クロワ・デュ・メーヌフロラン・ド・クローの正体をこの人物としていた。

 フランス国立図書館にはジャン・ル・プルチエ名義の著書が1冊現存しているが(Récit du procès d'entre damoiselle Catherine de Chavigné, veuve de... Charles Blanchard,... sieur de la Blanchardaye,... contre François Heaume, dit Cheverue, Antoine Grimault, dit Barboire, Paul de Beaubois, dit Poullain..., s.l., 1576)、同じ人物のものかは分からない。


名前:
コメント: