テュポン

  テュポン (テューポーン、Typhon)は、ギリシャ神話に登場するティタン族の怪物。ガイアと冥界神タルタロスとの間に生まれた末子で、上半身から腿までが男性で、そこから下が蛇になっており、肩からは百の蛇の頭が生え、目や口からは火を吐いた。全身は非常に巨大で、天を衝く巨大な体で両手を広げれば、世界の東端と西端に届いたとされる。

 ゼウスとの戦いに敗れた後、アイトナー山の下に閉じ込められた。このアイトナー山は現在のエトナ山で、この山がいまだに活発なのは、テュポンが火を吐いているからと伝えられる *1

 現代フランス語の typhon は「台風」の意味だが、テュポンがいまだに生きていて、吐く息が暴風になっているという伝説に由来するという *2

登場箇所


1557年向けの散文の予兆にも、1箇所だけ言及がある(『散文予兆集成』第2巻)


名前:
コメント: