予兆詩第88番

予兆詩第88番(旧78番) 1562年12月について

原文

Par le 1 cristal 2 l'entreprise rompue,
Jeux & festins de loin 3 plus reposer,
Plus ne sera 4 pres des grands 5 sa repue,
Subit catarrhe 6 l'eau beniste 7 arrouser. *1

異文

(1) Par le : Parle 1562LN
(2) cristal : Cristal 1562LN, christal 1605 1649Xa
(3) loin 1589Rec : loing 1562LN, LOIN T.A.Eds.
(4) sera conj.(BC) : fera T.Eds.
(5) grands 1562LN : Grands T.A.Eds.
(6) catarrhe : catherre 1562LN, catharre 1589Rec, catharrhe 1605 1649Xa
(7) beniste : benist 1562LN

(注記)1562LN は初出である『1562年向けの新たなる暦』に見られる原文。1589Rec はジャン=エメ・ド・シャヴィニーが転記した異文。

校訂

 loin が LOIN になっているのは、例によってコンデ親王ルイ(Louis / Loys)と結び付けようとして、ジャン=エメ・ド・シャヴィニーが改変したものだろう。公表する予定のなかったシャヴィニーの手稿で loin となっていたことから言っても、正統性のない異文である。

日本語訳

結晶によって企ては打ち破られ、
ずっと前からの遊戯や饗宴が、より多く戻される。
もはや彼の食事は偉大な者たちの近くにはないだろう。
急なカタルに聖水を振りかける。

訳について

 reposer には「休む」と「再び置く、戻す」の二通りの意味がある。ここでは後者の意味に理解した。また、中期フランス語の reposer は再帰代名詞を取らなくても受動的に訳せたので *2 、ここではそうした。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは、1568年末から1569年初めのことと解釈し、カトリックとプロテスタントの両陣営が激突するが、ポワトゥでは極寒のために冬営せざるをえなくなったことや、69年3月のジャルナックの戦いでコンデ親王ルイ・ド・ブルボンが殺されたことと解釈した(シャヴィニーは2行目を前半と後半に分け、後半を「LOIN はより一層休む」と読んだようだ)。


名前:
コメント: