Les Presages Merveillevx pour lan. 1557.

 『 1557年向けの驚嘆すべき予兆 』(Les Presages Merveillevx pour lan. 1557.)は、ノストラダムス暦書のひとつ。1557年にパリのジャック・ケルヴェールが出版した。

【画像】『1557年向けの驚嘆すべき予兆』の扉 *1

正式名

  • LES PRESAGES MERVEILLEVX pour lan. 1557. Dediés au Roy treschrestien, Henri deuxiesme de ce nom, composez par maistre Michel Nostradamus, Docteur en medecine de Salon de Craux en Prouence.
    • Contre ceulx qui tant de foys m'ont fait mort.
    • Immortalis ero viuus, moriensq ;, magisq Post mortem nomen viuet in orbe meum
  • プロヴァンス州サロン・ド・クローの医学博士ミシェル・ノストラダムス師により構成され、敬虔なキリスト教徒たる国王アンリ二世に捧げられた1557年向けの驚嘆すべき予兆。
    • 私を何度も死に至らしめようとした人々に抗して。
    • 「私は永遠に生きるであろう。肉体が滅んだとしても同じことである。死後も我が名声は地上にとどまり続けるであろうから」

構成

 十六折版で56葉(112ページ相当)で構成されている。
 国王アンリ2世に宛てられた1556年1月13日付の献辞が収められている。この日付は、ノストラダムスが国王に謁見したほぼ5ヵ月後に当たっており、国王への過剰なまでの賛辞が書き連ねられている。

 そのあと、各月ごとの散文の予兆が書き連ねられている。
 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーの『散文予兆集成』第2巻第301~323番にあたっているが、シャヴィニーはこの原本を入手できずに、ジャン・ド・ラ・ダグニエール(未作成)の『虚妄の怪物(未作成)』(パリ、1558年)に引用されたものを孫引きしているにすぎず、原本に比べると微々たる量に過ぎない。

 最後に2ページにわたり特認の抜粋が収録されており、ケルヴェールの印刷物であることを示す一角獣の図版が挿入されている。

所蔵先

 ノストラダムス記念館に唯一所蔵されている。これはかつてダニエル・ルソの蔵書にも含まれていたもので、2007年4月23日のオークションで5200ドルで落札された。現在ではインターネット上で見ることが出来る。

 従来は、アンリ2世に宛てられた献辞の部分のみ、ジャック・アルブロンの著書でファクシミリコピーを見ることができた *2

 なお、かつてはバイエルン州立図書館(未作成)にも所蔵されていたようだが、現在は失われている。

外部リンク



名前:
コメント: