ミシェル・ノストラダムス師の予言集 (1568年)

 1568年にリヨンで出版された『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』は、現在確認されている範囲では最古の完全版にあたるもので、その後の多くの版の基盤になった重要な版である。

 有名な「恐怖の大王」の詩もこの版で初めて登場したが、ノストラダムスの死後2年目にあたる出版のため、この版で初登場した部分を偽作と見なす論者も存在する。

【画像】第一部の扉(左)、第二部の扉(右) *1

構成

 この版は十六折の本で、現存する版によって若干のブレはあるものの、基本的なサイズは7cm程度 x 10 cm程度である *2
 ページ数は全202ページである。ただし、特徴的なのはページ番号が第一部と第二部で独立して付けられている点である(第一部が125ページ、白紙のページを1ページ分挟んで、第二部が76ページ)。

第一部

タイトルページ

 メインタイトルは、1557年(9月6日)版と同じ「ミシェル・ノストラダムス師の予言集。前述の著者によって新たに加えられた未刊の300篇を含む」である。

 その下の木版画にはアストロラーベを掲げている手が描かれ、従来の書斎に座って窓から星を眺めるノストラダムスを描いた木版画とは異なっている。

 木版画の下にはリヨンの印刷業者ブノワ・リゴーの名前と、印刷した年のアラビア数字での表示がある(A Lyon, PAR BENOIST RIGAUD. 1568)。

内容

 タイトルページの後に息子セザールに宛てた書簡の体裁をとった序文(セザールへの手紙)が続くが、これは初版や1557年9月6日版に掲載されたものとほぼ同じもので、特段の増補や改稿は行われていない。序文の末尾に添えられた日付も「1555年3月1日」のままである。

 その後に本編といえる百詩篇集が収められている。1557年9月6日版と同様に第7巻42番までが掲載されている。各巻は100篇の四行詩から成るが、第6巻のみは99番までしかなく、その後に番号の振られていない全文ラテン語の四行詩が続くという変則的な構成になっているのも、1557年9月6日版と同じである。

 百詩篇第7巻42番の後にFIN(完)とあり、第一部が締めくくられている。

第二部

タイトルページ

 タイトルページには「ミシェル・ノストラダムス師の予言集。未刊であった百詩篇第八・九・十巻」(Les Prophéties de M. Michel Nostradamus. Centuries VIII. IX. X. Qui n'ont encores jamais esté imprimées)とある。このタイトルを持つ先行する版は、確認されていない。

 木版画は地球の上に乗った人物が描かれている版と、地球を支える巨人アトラスが描かれている版の2通りがある。

内容

 タイトルページの後に国王アンリ2世に宛てた献呈文の体裁をとった序文(アンリ2世への手紙)が続く。末尾に添えられた日付は「1558年6月27日」とあるが、1558年に出版された事実は確認されていない(1558年版を参照)。

 その後に 百詩篇第8巻1番から第10巻100番までの300篇の四行詩が収められている。このうち、第8巻52番は四行目が冒頭で唐突に途切れており、第10巻91番も最後の行に類似の欠落がある可能性が指摘されている *3 。これらの理由は分かっていない。

 1555年版や1557年版は末尾に印刷された日付が書かれていたが、この版にはそうした記載はない。

第7巻の欠落

 1557年9月6日版では、百詩篇第7巻は42番で終わっていた。1568年版では、上で見たように残りの43番から100番が補完されないまま、第二部が追加されている。このことは現在でも大きな論点の一つになっている。

 ミシェル・ショマラブリューノ・プテ=ジラールは、別人がノストラダムスの死後に第二部を付け足したために、この様な不整合が起こってしまったと考えている *4 。第二部を本物と考えるピエール・ブランダムールも、この不整合については理由未詳としていた *5 。他方で、ピーター・ラメジャラーのように、出版業者の都合で生じたものにすぎないとする者もいる *6

 ともあれ、この58篇の欠落は、後世に偽作の余地を与えることになった。17世紀には、7巻の43番、44番と称するものが複数現れた。トロワ(未作成)で出現した43番、リヨンで出現した43番44番フロンドの乱(未作成)の最中に現れたとされる42番43番などである。

 また、17世紀に現れた六行詩集が全58篇なのも、7巻の欠落を意識したものと見なされている *7

出版業者

 ブノワ・リゴーは、リヨンの大出版業者で、幅広く事業を手がけていた。多くの印刷工たちに実際の印刷作業を下請けさせており、1568年版のいくつかもそうした下請け業者の一人、ピエール・ルーサン(未作成)が手がけたという説もある *8

 リゴーは『予言集』以外のノストラダムスの本も手がけており、1566年に『王太后への書簡』を、1572年に『化粧品とジャム論』の再販の一つを、それぞれ出版している。

 前者の出版の折に、ノストラダムスとリゴーの間に面識が出来、それが1568年の『予言集』出版に結びついたと見る者もいる。また、その後20年間、ノストラダムスの『予言集』は一切版を重ねていないことから、リゴーに何らかの独占権が付与されていた可能性を指摘する者もいる *9

書誌上の言及

 1568年版に最初に言及したのは、同時代の書誌学者アントワーヌ・デュ・ヴェルディエ(未作成)で、1585年のことだった。彼は「ミシェル・ド・ノストラダムス」の項で批判的にこう紹介している。

 「1568年にブノワ・リゴーによってリヨンで印刷された四行詩による予言の10巻の百詩篇は、見るべき意味も韻律も表現もない。」 *10

 書誌上の重要な言及を最初に行ったのは、19世紀末の書誌学者アンリ・ボードリエである。彼は、エクトール・リゴーの蔵書を元に、1568年版には微妙にタイトルページのレイアウトやデザインが異なるものがあることを指摘した *11

 この指摘を発展させたのが、ダニエル・ルソで、彼は1568年版をAからHの8種類に分類した *12 。この点はブノワ・リゴー版の分類(未作成)を参照のこと。

偽1568年版

 1568年リヨン版には、有名な偽版が二つ存在している。
 偽の詩篇を2つ加えた1649年頃のものと、正書法の変化を反映させた18世紀後半のものである。

影印版と普及版

 影印本(未作成)は少なくとも2度出されている。1940年にミュンヘンでカール・エルンスト・クラフト(未作成)によって出された版と、2000年にリヨンでミシェル・ショマラによって出された版である *13

 1568年版を転記した版としては、信奉者の立場で予言解釈を展開したエリカ・チータムジョン・ホーグの著書がある。

 日本では、第二部のみに限っては、ラメジャラーの著書のなかで忠実に転記されている。

偽作説

 既に見たように、第二部がノストラダムスの死後の偽作とする説が存在する。

 ジャック・アルブロンは、それにとどまらず『予言集』初版、1557年版などと同様に、1568年版も、カトリック同盟に関連した政治的意図で捏造された偽物に過ぎないと主張している *14 。彼は1568年版を忠実に写したとされる1590年カオール版(未作成)こそが、現在伝わる形の第二序文が最初に現れた版だと主張している *15

 彼の偽作説には、当時のタイポグラフィなどの分析などを基にした反論が複数出されている。

関連項目



名前:
コメント: