Beluzer

  Beluzer は意味不明な語として、いくつかの読み方が提案されていた。
 アナトール・ル・ペルチエは古フランス語の belliser(掘る)の変形とした。エドガー・レオニも「掘る」の意味としたが、彼の場合はプロヴァンス語の belousar からと推測していた。
レオニはもうひとつ、フランス中部では beluse という語が地学の「片岩」の意味で使われるとして、その意味である可能性を示していた。

 現在では Beluzer は異文の Beluezer の方が正しいとされている。これはトゥールーズ近郊のベルヴェデルのことだが、Beluzer を採用していた論者にも、トゥールーズの換称としたミシェル・デュフレーヌのような者はいた。

登場箇所



名前:
コメント: