予兆詩第93番

予兆詩第93番(旧83番) 1563年4月について

原文

En debats princes 1 , & Chrestienté 2 esmeue.
Gentils estranges 3 , siege à Christ 4 molesté.
Venu très mal 5 , prou bien, mortelle veue.
Mort Orient 6 , peste, faim, mal traité. *1

異文

(1) princes 1563Ro : Princes T.A.Eds.
(2) Chrestienté : Chrestiens 1668P
(3) estranges : estrangers 1668P
(4) Christ 1563Ro 1649Ca 1650Le 1668 : CHRIST T.A.Eds.
(5) très mal 1563Ro 1594JF : tresmal T.A.Eds.
(6) Orient : orient 1563Ro 1589Rec

(注記)1563Roは『1563年向けの暦』の異文。ただし、ここではオリジナルではなく1905年の復刻版を利用している。1589Rec はジャン=エメ・ド・シャヴィニーの手稿『散文予兆集成』の異文。

日本語訳

君主たちは討論し、キリスト教国は動揺させられる。
外国の異教徒たちに、キリストの御座は不快にさせられる。
極めて悪いものが来る、非常によいものも。死すべき者が目撃される。
東方の死、ペスト、飢餓、悪しき条約。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは前半2行を未来に属することとして棚上げしていた。後半については1566年9月に対応させ、オスマン帝国のスレイマン1世の死と解釈した *2

同時代的な視点

 この詩が書かれたのは1562年前半である。長らく中断されていたトリエント公会議が再開されたのは1562年1月のことで、この詩が書かれた時期(1562年初頭から半ば頃)は公会議が開催中だった。1行目がそこでの駆け引きと見るのは強引かもしれないが、時代背景説明のために一応指摘しておく。


名前:
コメント: