百詩篇第9巻62番

原文

Au grand de Cheramon agora 1
Seront croisez par ranc 2 tous attachez,
Le pertinax 3 Oppi 4 , & Mandragora 5 ,
Raugon 6 d'Octobre le tiers seront laschez.

異文

(1) Cheramon agora : Chera mon agora 1600 1610 1611B 1716, Cheramonagora 1605 1628 1649Ca 1649Xa 1672, Cherra aussi de mon agora 1627 1644 1650Ri, Chera aussi mon agora 1660, Cherra aussi le mon agora 1653, Cherra aussi le mon agira 1665, Chera aussi de mont agora 1650Le 1668, Cherra monagora 1840
(2) ranc : rang 1600 1611B 1644 1650Ri 1650Le 1653 1660 1665 1668 1840, rangs 1672
(3) pertinax : portinaux 1605 1649Xa, Pertinax 1672
(4) Oppi : Appi 1627
(5) Mandragora : mandragora 1568A 1590Ro
(6) Raugon : Reugon 1665
(7) d'Octobre : doctobre 1650Le

校訂

 1行目の音節が足りておらず一語欠けていると推測される。このことはエヴリット・ブライラージャン=ポール・クレベールらによって指摘されているが、何を入れるべきかについては誰も指摘していない。前半律の切れ目からすれば、grand の後に何かが欠けていると見るのが自然だろう。

 Raugonには何らかの修正が必要だろう。当「大事典」では、Rançon とするピーター・ラメジャラーの校訂を支持する。

訳について

ケラモンの大いなる広場で、
十字軍参加者たちが順番に全員繋がれるだろう。
効き目の長いアヘンとマンドラゴラ、
身代金によって、彼らは十月三日に解放されるだろう。

訳について

 1行目は grand と agora を関連させるジャン=ポール・クレベールの読み方に従った。強引なようだが、こういう繋がり方の詩は他にも指摘されている。エヴリット・ブライラーは At the great [----] of the pottery market *1 と訳しており、これはこれで説得的で本来ならば「ケラモン・アゴラの大きな・・・で」としたかったが、単語の欠落を強調するような読みを採用することは極力避けたかったため、ここでは採用しなかった。
 2行目 par ranc (rang) は中期フランス語で「決まった順序に従って」を意味する成句 *2
 4行目 Raugon はとりあえずピーター・ラメジャラーの読み方に従い、「身代金」とした。ラメジャラーやジャン=ポール・クレベールは「10月のRaugon(によって)、三分の一が解放されるだろう」と読んでいる。たしかに前半律と後半律の切れ方からすると悪くないが、動詞は複数形の主語に対応しており、単数の le tiers に対応しているようには読めない。そこで当「大事典」では、とりあえず「彼らは」が略されているとしたエヴリット・ブライラーの読み方に従った。

 山根訳1行目「シェラモン・アゴラの大立者に」は可能な訳。ただし、それに続く2行目「階級によるすべての十字が付属させられよう」はおかしい。2行目の seront croisez は「十字を付けられる」とも訳せるが、複数形の主語に対応しているので、単数の「大立者」は主語にならないし、前置詞 au の存在も不自然である。
 3行目「鬼のながい阿片とマンダラゲ」の「鬼のながい」は根拠も意味も不明。ちなみにエリカ・チータムの原書で当てられている英訳は long lasting である。
 4行目「ルーゴンは赦免されよう 十月三日に」は、エドガー・レオニもしていた訳である。ただし、上でも述べたように「解放される」は複数形の主語に対応しているので、不適切だろう。なお、「ルーゴン」はチータムの原書で Rougon と綴られていたことを踏まえたものだろうから、底本の訳としては誤りではない。

 大乗訳1行目「ケラモナゴラの一人に」 *3 は、grand の意味合いが反映されていない。2行目「すべてをむすんで列を交差させ」や4行目「十月三日にローゴンは解放されるだろう」の問題点は山根訳とほぼ同じ。

信奉者側の見解

 信奉者側ではほとんど解釈されてこなかった詩である。
 セルジュ・ユタンは Raugon を Rouge (赤)と見なして、1917年の十月革命と解釈した *4
 川尻徹はいくつかの文字を抜き出して Dalai と並べ替えたり Raugon をレーガン大統領(Reagan, 当時)とみなすなどして、ダライ・ラマが初めてアメリカ議会と対話した年(1987年)に起こった、チベット自治区での約30年ぶりの暴動を予言したものとした *5

同時代的な視点

 ケラモンないしケラモン・アゴラが現在のウシャク(トルコ)のことだとする点は一致している。この地名はクセノフォンによって言及されているという。

 細部の読み方はともかく、出典を特定できないまま十字軍に関する知られざる逸話が元になっていると推測したピーター・ラメジャラーの読み方は、十分に説得力がある。

 他方で、陶器市で知られた都市であったことからケラモン・アゴラを陶器市(pottery market)の隠喩とした上で、アヘンやマンドラゴラが登場していることを踏まえて薬学や錬金術に関する詩ではないかとしたエヴリット・ブライラーの読み方にも一定の説得力は認められる。

 ただいずれにしても、その他エドガー・レオニジャン=ポール・クレベールらも含め、この詩のモデルなどについて整合的な解釈を提示した論者はいないようである。


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • 満州人の清王朝で起こったアヘン戦争とアロー戦争などを予言。 -- とある信奉者 (2010-04-02 22:14:56)
  • 実は「身代金」が開放される. -- とある信奉者 (2011-08-06 12:16:57)
  • Raugon d'Octobre → GORDON OCTBRE [AU=O]: 太平天国の乱を鎮圧したチャールズ・ゴードンのアナグラム -- とある信奉者 (2011-08-06 12:27:03)
名前:
コメント: