予兆詩第98番

予兆詩第98番(旧88番) 1563年9月について

原文

De bien en mal le temps se changera.
Pache d'Aoust 1 , des plus grands 2 esperance.
Des grands 3 dueil 4 l'huys 5 trop plus trebuchera.
Congneus razés 6 pouvoir ne 7 cognoissance. *1

異文

(1) Pache d'Aoust conj.(BC) : Pacche d'Aoust 1563Ro, Le pache d'Aust T.A.Eds.
(2) des plus grands 1563Ro : des plus Grands T.A.Eds.
(3) Des grands 1563Ro : Des Grands T.A.Eds.
(4) dueil 1563Ro : deul T.A.Eds.
(5) l'huys 1563Ro : Luis 1589Rec, LVIS T.A.Eds.
(6) razés 1563Ro : Razez T.A.Eds.
(7) ne 1563Ro : ni T.A.Eds.

(注記)1563Roは『1563年向けの暦』の異文。ただし、ここではオリジナルではなく1905年の復刻版を利用している。1589Rec はジャン=エメ・ド・シャヴィニーの手稿『散文予兆集成』の異文。

校訂

 3行目に l'huys (扉)か LUIS (ルイ?)かという重要な異文があるが、これはジャン=エメ・ド・シャヴィニーによる改変と見るべきだろう。
 なお、シャヴィニーは2行目の Aoust を Aust にしていて、のちのアナトール・ル・ペルチエらからは南ないしフランス東部に昔あった国の名前などと解釈されたが、これは単なる綴りのゆれに過ぎない。後で見るようにシャヴィニーは Aust を「8月」の意味に理解していた。

日本語訳

吉から凶へと時代は変わるだろう。
八月の協約、最も偉大な者たちの希望。
大いなる者たちの愁嘆、扉がなお一層傾くだろう。
剃髪たちは知識からも権力からも理解されない。

訳について

 4行目は言葉を補って訳す必要があるが、「知識も権力も剃髪たちから理解されない」とも訳せる。

信奉者側の見解

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーは上の異文欄・校訂欄で見たように「八月の協約」を「南の協約」に、「扉がなお一層傾く」を「LUIS がなお一層よろめく」と改変した上で、リュイ(LUIS)とはコンデ親王ルイ(Louis)のことで、1567年から1570年の情勢の描写とした。「8月の協約」とは1570年8月のサン=ジェルマンの和約のことだという *2


名前:
コメント: