frague

 おそらくノストラダムスの造語。ラテン語fraga(苺)のフランス語化と推測されている。テオフィル・ド・ガランシエール(1672年)、アナトール・ル・ペルチエ(1867年)らが採用してきた読みで、エドガー・レオニマリニー・ローズピーター・ラメジャラーブリューノ・プテ=ジラールといった20世紀以降の学識ある研究者たちからも支持されている。

登場箇所



名前:
コメント: