百詩篇第8巻10番


原文

Puanteur 1 grande sortira de Lausanne,
Qu'on ne saura 2 l'origine 3 du fait,
Lon 4 mettra hors toute la gent loingtaine 5
Feu veu au ciel 6 , peuple estranger deffait 7 .

異文

(1) Puanteur : Puanreur 1568I
(2) saura 1568A 1568B 1568C 1590Ro : scaura 1672, sçaura T.A.Eds.
(3) l'origine : lorigine 1610 1716
(4) Lon 1568 1590Ro 1597 1611A 1628 1650Le : L'on T.A.Eds.
(5) toute la gent loingtaine : tout la gent loingtaine 1649Ca, toute loingtaine 1665
(6) ciel : Ciel 1605 1649Xa 1672 1712Guy
(7) deffait : desfait 1597 1600 1603Mo 1610 1611 1644 1650Ri 1653 1660, des fait 1716, defait 1772Ri

(注記)1712Guy はバルタザール・ギノーの異文。

日本語訳

ひどい悪臭がローザンヌから発するだろう。
その出来事の起源が知られることはないだろう。
隔たった一団は外に置かれるだろう。
火が空で見られ、異国の人々が打ち倒される。

訳について

 山根訳、大乗訳とも、かなり細かい点を除けば問題ない。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールバルタザール・ギノーはそのまま敷衍したような具体性にかける解釈しかしていなかった *1

 アンドレ・ラモンはローザンヌを国際連盟の喩え、打ち倒された人々はナチス、空の火は第二次世界大戦の情景と解釈した *2

 セルジュ・ユタン百詩篇第9巻44番などとともに近未来のスイスが脅威にさらされる予言とした *3

同時代的な視点

 ローザンヌはジュネーヴと同じくレマン湖そばに発達した都市であり、1536年以降プロテスタントになっていた。ジャン=ポール・クレベールはここでの「悪臭」は「悪疫」(pestilence)の同義語でなおかつプロテスタントの喩えとしている。彼はプロテスタント内部の動きと驚異(未作成)(天の火)が結び付けられているとした *4

 ピーター・ラメジャラーは、カルヴァン主義の崩壊の予言と、『ミラビリス・リベル』においてイスラム勢力の侵攻からヨーロッパが解放される予言とが重ねあわされていると推測した *5




名前:
コメント: