六行詩12番

原文

Six cens & cinq tres grand' 2 nouuelle,
De deux Seigneurs la grand 3 querelle,
Proche de Genaudan 4 sera,
A vne Eglise apres l'offrande
Meurtre commis, prestre 5 demande 6
Tremblant de peur se sauuera.

異文

(1) & cinq : cinq 1600Mo
(2) tres grand' : tres-grande 1600Mo, tresgrand' 1611 1649Ca, tres-grand' 1627, tres-grand 1644, tres grand 1672
(3) la grand : vne grande 1600Mo, la grand' 1611B
(4) Genaudan : Geruaudan 1600Mo, Geuaudan 1627 1644 1672
(5) prestre : Prestre 1600Mo 1627 1644
(6) demande : de Maude 1600Mo, de mande 1672

校訂

 Genaudan はいくつかの版に見られるように Geuaudan (Gévaudan)となっているべきである。

日本語訳

六百と五、とても大きなニュース。
二人の領主の大喧嘩が
ジェヴォーダン近くで起こるだろう。
寄付の後の教会では、
殺人が犯される。司祭は請願し、
恐怖で身震いしつつ逃走するだろう。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールはジェヴォーダンで起こったローカルな事件だろうとしつつも、そのような記録が見つからないと述べていた *1

同時代的な視点

 1行目に「六百と五」とあるので、1605年の戦いを描写しているものと思われる。当「大事典」ではそのような史実があったかについて未確認だが、おそらく実際にあったのだろう。
 なぜなら、この詩は六行詩集のオリジナルと思われる 1600Au には載っておらず、1605年版の予言集で初めて登場するからだ。つまり、起こったばかりの事件を付け加えることによって、権威付けを狙ったものだろう。

その他

 上記の通り、1600Au には載っていない。


名前:
コメント: