La Grand' Pronostication novvelle avec Portentevse prediction

 『 1557年向けの大いなる新占筮と驚異の予言 』(La Grand' Pronostication nouvelle avec Portenteuse prediction, pour l'An M. D. LVII.)は、ノストラダムスの暦書のひとつ。1557年にパリのジャック・ケルヴェールによって出版された。

【画像】『1557年向けの大いなる新占筮と驚異の予言』の扉 *1

正式名

  • La Grand' Pronostication novvelle avec Portentevse prediction, pour l'An M. D. LVII. Composée par Maistre Michel de nostre Dame, Docteur en Medecine de Salon de Craux en Prouence.
    • Contre ceulx qui tant de foys m'ont fait mort.
    • Immortalis ero viuus, moriensq ;, magisq Post mortem nomen viuet in orbe meum
  • プロヴァンス州サロン・ド・クローの医学博士ミシェル・ド・ノートルダム師により構成された1557年向けの大いなる新占筮と驚異の予言。
    • 私を何度も死に至らしめようとした人々に抗して。
    • 「私は永遠に生きるであろう。肉体が滅んだとしても同じことである。死後も我が名声は地上にとどまり続けるであろうから」

内容

 24ページからなる。
 まず、ナヴァル王アントワーヌ・ド・ヴァンドームへの1556年3月21日付の献辞が収録されている。
 続いて全般および四季ごとの散文の予兆が収録されている。最後に簡略な各月の星位、移動祝日の一覧、1556年10月14日付の特認の写しが掲載されている。

 ジャン=エメ・ド・シャヴィニーはなぜかこの版の存在を認識していなかったため、『散文予兆集成』には対応する句が存在していない。

所蔵先

 ポール・アルボー博物館に現存している。

 かつてはエクトール・リゴーの蔵書にも含まれていたが、これは1931年以降所在不明になっている。米国のヴァンダービルト大学のパスカル・ピア文庫にも現存しているようだが、リゴーの蔵書と同じものかは不明。


名前:
コメント: