六行詩11番

原文

Durant le siecle 1 on verra deux ruisseaux,
Tout vn terroir 2 inonder de leurs eaux 3 ,
Et submerger par ruisseaux 4 & fontaines 5 :
Coups 6 & 7 Monfrin 8 Beccoyran 9 , & ales 10 ,
Par le gardon 11 bien souuant trauaillez,
Six cens & quatre 12 alez, & trente moines 13 .

異文

(1) le siecle : ce siecle 1600Mo 1611 1627 1644, le Siecle 1672
(2) terroir : terroüer 1600Mo, terrouer 1672
(3) leurs eaux : leur eaux 1627
(4) par ruisseaux : & ruisseaux 1600Mo, par Ruisseaux 1672
(5) fontaines : Fontaines 1672
(6) Coups : Lors 1600Mo
(7) & : de 1600Mo
(8) Monfrin : Montfin 1600Mo, Moufrin 1611, Monfrin 1649Ca, Montfrein 1672
(9) Beccoyran : Bocarreas 1600Mo, beccoyran 1627, beccoyant 1644
(10) ales : Allays 1600Mo, Allais 1672
(11) gardon : Gardon 1600Mo 1672, guerdon 1627, Guerdon 1644
(12) & quatre : quatre 1600Mo
(13) alez, & trente moines : aliees de trente meine 1600Mo, Ales & trente Moines 1672

校訂

 4行目の地名の列挙については、いくつかの説があるが、順に Comps, Montfrin, Boucoiran, Alès とするピーター・ラメジャラーの読み方が優れているように思える *1

 5行目 gardon は当然 Gardon となっているべき。

日本語訳

この世紀の間に人々は見るだろう。二つの渓流が
その水によってある地方全体を水浸しにするのを。
そして渓流や泉によって沈むのは
コン、モンフラン、ブコワラン、アレスで、
ガルドン川によってとても頻繁に苦労させられる。
六百と四、別れた者たちと三十人の修道士たち。

訳について

 4行目は上に挙げたラメジャラーの読み方を踏まえて訳した。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは1664年にガルドン川の2つの支流で大氾濫があり、ここに挙げられている諸都市に被害をもたらしたことを的中させたとした *2

同時代的な視点

 6行目に「六百と四」とあるので、1604年にガルドン川で大氾濫があり、流域の諸都市に被害をもたらすことを描写しているものと思われる。当「大事典」ではそのような史実があったかどうかは未確認だが、おそらく実際にあったのだろう。
 なぜなら、この詩は六行詩のオリジナルと思われる 1600Au には載っておらず、1605年版の予言集で初めて登場するからだ。1605年版に登場した詩に1604年のことが述べられているのだから、これは権威付けのためだけに追加された事後予言と見るべきだろう。

 なお、1664年の大氾濫についても未確認だが、ガランシエールがわずか8年前のことについて嘘をつくとも思えないので、実際にあったのだろう。しかし、ガルドン川はたびたび大氾濫を起こしており、百詩篇でも第8巻30番第9巻37番第10巻6番などで繰り返し述べられている。
 ゆえに1664年の大氾濫にしてもこの詩の的中とはみなせないだろう。ちなみに「三十人の修道士」に関連付けられる記録を見つけていない点は、ガランシエールも率直に認めている。

その他

 上記の通り、1600Au には載っていない。



名前:
コメント: