フランソワ=ジョゼフ・ドメルグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  フランソワ=ジョゼフ・ドメルグ (François-Joseph Domergue, 1695年 - 1773年)は、アヴィニョンの出版業者。

 ルイ・ドメルグの息子で、1695年10月6日の洗礼記録がある。1721年にアヴィニョンの出版業者の娘マルグリット・マラール(Marguerite Mallard)と結婚した。子宝に恵まれ、少なくとも10人の子供がいたという。そのうち、出版事業者として知られることになるのはジャン・ジョゼフ・トマとトゥーサンの2人である。

 1728年から長く事業を営み、イエズス会神学校の御用業者などもつとめた。ただし、出版業上でたびたびトラブルを起こし、有罪を宣告されている。例えば、1746年2月19日には魔術書を出版したことを認めさせられ、ドミニコ会修道院のミサにおいて奉仕することを命じられた。また、1773年8月29日には当局の認可を得ないで中傷的な文書を出版したとして、30リーヴルの罰金刑を受けた。彼の生涯には他にも罰金刑の支払いを命じられた事例があったという。

 1773年8月29日に歿した *1

ノストラダムス関連



名前:
コメント: