ミシェル・ノストラダムス師の百詩篇集と驚異の予言

 『ミシェル・ノストラダムス師の百詩篇集と驚異の予言』(Les Centuries et Merveilleuses Predictions de M. Michel Nostradamus)は、ルーアンのピエール・ヴァランタン(未作成)によって出版された予言集の版の一つである。
 他には全く見られない表題であると同時に、「百詩篇」がメインタイトルに用いられた最初の事例である。

【画像】『百詩篇集と驚異の予言』の扉 *1

正式名

  • Les Centvries et Merveillevses Predictions de M. Michel Nostradamvs, Contenant sept Centuries, dont il y en à trois cents qui n'ont encores iamais esté imprimees.
    • Esquelles se voît representé vne partie de ce qui se passe en ce temps, tant en France, Espagne, Angleterre, qu'autres parties du monde.
    • A Roven, Par Pierre Valentin, Libraire & Imprimeur pres S. Erblanc.
    • Iouxte la coppie Imprimee en Auignon.
  • 未刊であった300篇を含み、七巻からなるミシェル・ノストラダムス師の百詩篇集と驚異の予言
    • フランス、スペイン、イギリス、および世界の他の地域において現下に起こっていることもまでも一部描かれている版。
    • ルーアンにて、サン=テルブラン近くの書肆・印刷業者ピエール・ヴァランタンによる。
    • アヴィニョンで印刷された版に従った。

 「百詩篇」が最初にメインタイトルに用いられた記念すべき版だが、後述するように、実は単なる誤植だった可能性がある。

内容

 扉の裏面にヴァランタンによる四行詩が載っている。そのあと、第一序文(セザールへの手紙)と高等法院の特認記録の抜粋が掲載されている。百詩篇第1巻から第7巻までが続くが、第6巻のラテン語詩は収録されていない。
 第7巻は40番まで収録されているが、2番、3番、4番、8番、20番、22番、33番、35番が省かれ、全部で32篇しかない。

 最後に「教皇特使の御用印刷業者ピエール・ル・ルーによってアヴィニョンで最初に印刷され、上述の殿の認可を受けた古い版本を新たに印刷したミシェル・ノストラダムス師の百詩篇集と驚異の予言の終わり」(Fin des Centuries & merveilleuses predictions de Maistre Michel Nostradamus, de nouveau imprimées sur l'ancienne impression, premierement imprimée en Auignon, par Pierre le Roux Imprimeur du Legat. Avec privilege dudit Sieur.)と記載されている *2

特色

 1590年アントウェルペン版と、題名、扉の木版画、第7巻での一部詩篇の省略、奥付の文面などの点で非常によく似ている。
 「ピエール・ル・ルー」はピエール・ルーのことであろうが、本当にその版を見たというよりも、単に1590年版を引き写しただけなのではなかろうか。

出版年をめぐる議論

 ダニエル・ルソの蔵書は上の画像からも明らかなように、手書きで「1611」と書かれている。ルソやミシェル・ショマラはそれを支持したが、ロベール・ブナズラは1630年頃の出版と推測した(根拠は明示せず) *3
 しかし、これは1611年の刊行と見てよいだろう。書誌学者ジョルジュ・ルプルーにより、ルーアン高等法院が出した1611年2月9日付の「ルーアンの印刷業者・書肆ピエール・ヴァランタンに『ミシェル・ノストラダムス師の驚異の大予言』と題する書籍を四年間出版・販売することを許可する布告」(Arrêt du même Parlement permettant à Pierre Valentin, imprimeur libraire à Rouen, d'imprimer et vendre, pendant quatre ans, un livre intitulé : Les grandes et merveilleuses prédictions de M e Michel Nostradamus.)の存在が指摘されているからである *4

題名について

 上記の出版許可では Les grandes et merveilleuses prédictions... となっている。このことからすると、Les Centuries et merveilleuses predictions という題名は単なる誤植だった可能性もある。

所蔵先

 かつてドゥーエ市立図書館に所蔵されていたが、現在では失われている *5
 ダニエル・ルソが所蔵していた版は、2007年のオークションに出品されたが、落札者は不明である。


名前:
コメント: