ノストラダムスの大予言II

 『 ノストラダムスの大予言II 』は1979年に出版された五島勉の著書。『ノストラダムスの大予言』シリーズの第2弾で、1980年度のベストセラーランキング総合第3位 *1 。公称発行部数は1991年の時点で100万部 *2 、1997年の時点で92万部 *3 とされていた。


【画像】カバー表紙(クリックするとAmazonの商品ページに飛びます)

内容

 まず、サブタイトルにもなっているグランド・クロスについて、それをとりあげたテレビ番組を引き合いに出しつつ紹介している。その際に、1999年8月18日に太陽系の惑星が地球からの見かけ上、十字に並ぶことが説明され、さらにフランク・スタッカートの説の紹介として当時のヨーロッパでは太陰暦が使われており、当時の暦でいう1999年7月は現在の暦の1999年8月だと指摘されている(第1章)。
 そして、このグランド・クロスについて占星術師のフェニックス・ノアに電話取材した内容が紹介され、ノアの話として1999年のグランド・クロスは一部の占星術師からは「黙示録の十字」と呼ばれて恐れられていることが示されている(第2章)。
 五島は次に『ブロワ城の問答』という史料からの要約として、ノストラダムスがカトリーヌ・ド・メディシスに恐怖の大王の正体は姿の見えないもので、それが降った後にすべてが変わり果てている情景が見えたと語ったと紹介している(第3章)。
 第4章から第7章では、ノストラダムス予言と聖書の解釈結果として、1980年代以降に起こるであろう出来事が述べられている。その筋書きは、ヨーロッパの統一と独裁者ヘンリー・Cの誕生のあと、1986年のハレー彗星接近の頃に第五次中東戦争が勃発、ソ連軍・統一ヨーロッパ軍・中国軍の相次ぐ参戦によって戦火が拡大しつづけ第三次世界大戦になだれ込むといったものである。
 第8章ではそれに加えて極ジャンプが起こるかもしれないとする一方、『ブロワ城の問答』の続きの部分の要約として、ノストラダムスは恐怖の大王が降る前に「別のもの」が現れれば破局から救われるという見通しを持っていたことが語られている。

コメント

 五島の未来シナリオが完全に外れたことについては、いまさら検証するまでもないので詳述しない。

 山本弘はのちの日本のノストラダムス本の定番といえる題材が出揃った本と評していた *4
 確かにこの本によって、「当時のヨーロッパは太陰暦」「ノストラダムスは恐怖の大王が目に見えないと語った」「『別のもの』はノストラダムス予言の重要なキーワード」といったいずれも事実と反する“基礎知識”が日本に定着してしまった感がある。
 特に「自分の集団こそが『別のもの』」と主張する宗教団体やオカルト系団体が続々現れる契機を作ってしまった点で、日本のノストラダムス現象の少なくとも一部を、国際的に見てきわめて異質な方向へ牽引したように思われる。原田実も、「別のもの」が当時の霊能者たちに与えた影響の大きさを指摘している *5
 実際にはスタッカートは当時のヨーロッパが太陰暦だったとは述べていなかったし *6 、当然史実にも反している。『ブロワ城の問答』も実在しない。「別のもの」に至っては、ピエール・ブランダムールのように単なる誤植と見る者すらいるくらいで、なんら特別な用語とはみなせない(百詩篇第1巻48番を参照)。

 田窪勇人はこの本の謎解きゲームのようなアプローチが類書の氾濫を招いたことを指摘している *7 。それとの関連では、『大予言』初巻に比べてアナグラムが多用されていることも指摘しておきたい。

 最後に副題にもなった「グランド・クロス」だが、羽仁礼によれば、これを『ヨハネの黙示録』と関連付けて「黙示録の十字」と呼んだのはフェニックス・ノアが最初らしい *8 。それが事実だとすれば、ノアの話は一定数の占星術師たちの共通認識というよりも、彼の個人的見解にすぎなかった可能性もある。

書誌

書名
ノストラダムスの大予言II
副題
1999年の破滅を不可避にする大十字(グランド・クロス)
著者
五島勉
版元
祥伝社
出版日
1979年12月5日
注記
推薦文を寄せているのは、徳光和夫(日本テレビアナウンサー)、結城モイラ(西洋占星術師)、桜井邦朋(神奈川大学教授)(肩書きはいずれも著書刊行時のもの)。

外国人研究者向けの暫定的な仏語訳書誌(Bibliographie provisoire)

Titre
Nostradamus no dai-yogen II. (trad. / Les Grandes Prophéties de Nostradamus, Tome II)
Sous-titre
1999nen no hakyoku wo fukahi ni suru Grand-Cross (trad. / L'an 1999, nous ne pourrons jamais éviter la catastrophe à cause de la Grande-Croix.)
Auteur
GOTÔ Ben
Publication
Shôdensha
Lieu
Tokyo, Japon
Date
le 5 Décembre 1979
Note
examen des quatrains I-17, I-23, I-32, I-48, I-49, I-50, I-70, II-29, II-43, II-45, II-46, II-81, II-92, III-3, III-4, III-5, III-55, III-77, IV-15, IV-29, V-8, V-25, V-54, V-62, V-81, VI-5, VI-70, VII-40, IX-20, IX-34, IX-44, X-60, X-67, X-72, X-86


名前:
コメント: