※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 書籍データ
書籍名 ゴールドベルグ変奏曲 巻数 全1巻
著者 五代ゆう イラスト 鈴木理華
出版社 ホビージャパン シリーズ名 HJ文庫
発売日 2006年7月1日 -- --



152 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/20(水) 01:31:19 ID:iF+3h7kw
久しぶりに覗いてみたら、静かですね。
最近読んで良かった本。

ゴールドベルク変奏曲 五代ゆう HJ文庫

幻を奏でるという乙女と、刑事?の男のラブ。
いちおう殺人事件を解明していく展開。
なんか世界観がきれいだった。

他の五代さんの作品も読んでみようかな。



166 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/08(日) 03:28:59 ID:YgJqO/HE
伯妖、ローズテーラーと、その辺りの時代のイギリス大好きなんで
その時代が舞台の作品が増えて嬉しいよ。


骨牌使い読了。
文章が自分の好みに合ってたのか最後まで一気に読めた。
と言うか、むしろもっと長くても良かったくらいで…
一つの物語として綺麗に纏まってるとは思うんだけど、
ちょっと色々物足りない感じが。

でその後、骨牌はまった勢いで>>152さんオススメの
ゴールドベルクとはじまりの骨も買ってみたり…。
152さんと、骨牌オススメで挙げてくれた方ありが㌧。



374 :イラストに騙された名無しさん:2007/11/17(土) 10:02:16 ID:gaFkR0HZ
ここで紹介されていた『煌夜祭』と『ゴールドベルク変奏曲』を
読了しました。教えてくださった皆さんに感謝です。

『煌夜祭』は『童話物語』を思い出しました。世界観が練り込まれて
いるお話はラブロマンスじゃなくても面白い。

『ゴールドベルク変奏曲』は主人公の男性が、仕事はできるのに
ヒロインの前だとある失敗をしてしまうのに好感度大。作者が19歳の
ときに書いたお話だそうですが、引き込まれる筆力に脱帽です。
鈴木理華さんの挿絵も良く合ってました。

小説とはちと違いますが、宮崎駿監督著のイラストノベル『シュナの旅』
(徳間アニメージュ文庫)は痛めつけられてもまっすぐに歩もうとする
主人公とヒロインが素敵でした。


624 :イラストに騙された名無しさん:2008/05/19(月) 00:06:44 ID:6uHlLfKX
五代ゆうさんの「ゴールドベルク変奏曲」がとても良かったのでおススメ
と思ったらすでに>>152で紹介されてますね…
ヒロインはかわいいし、相手役はかっこいいし
転げまわりたくなるような場面もあり、イラストもよく合ってる



名前:
コメント: