※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 書籍データ
書籍名 洪水前夜(あふるるみずのよせぬまに) 巻数 全1巻
著者 雁野航 イラスト 川添真理子
出版社 新書館 シリーズ名 ウィングス文庫
発売日(1巻) 2003年3月 発売日(最新巻) 2003年3月


252 名前:イラストに騙された名無しさん[] 投稿日:03/03/13 23:37
あげ。
雁野航の『洪水前夜』ウィングス文庫を呼んだ。
けっこう面白かったんだが…ここでオススメしてもいいのかしらん。
雑誌の「すべての死にゆくもののため」は女の子主人公だったんだが。
『洪水前夜』の主役は、雌雄同体だった…精神的には、女だったけど。

256 名前:イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日:03/03/14 09:01
「洪水前夜」はほぼ、ってか珍しいくらい女だった。>252
「すべて死にゆくもののため」もだけど、現代でやったら
禿ベタなのを歴史モノでうまく消化してる。

結構好きだよ大正もの「双霊刀あやかし奇譚」>255
「金色の明日」の続編より面白いと思う。先に
出たのも連載中(?)で旬のうちに発刊したかったから?

253へのレスだが、具体的なキャラをあげると
「なんて素敵にジャパネスク」の2~3巻くらい
までの瑠璃姫とか。周囲が何と言おうが自分を貫く。
自分で行動する。後悔しない。かな?

923 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2005/09/18(日) 11:20:29 ID:oVUU79zY
続き
920
理々じゃなくて理理。「見える」じゃなくて「視える」。
これだと検索ひっかからないと思うので一応訂正しときます。
全四巻完結済み。少年主人公だがBL分なし。ヒロインは二話目から。

SF読みなら雁野航さんの「洪水前夜(あふるるみずのよせぬまに)」
が超オススメ。ただこの人、コレ一冊しか出ていないんだ……。
それから真瀬もとさんの「帝都・闇烏の事件簿」全三巻完結済み。
大正ロマンの怪盗もの。この人のは「シャーロキアン・クロニクル」
がオススメなのだが、六巻全部を読まないと謎が解けない
仕組みなので、読むなら揃えてから読み始めることをお勧めする。
この人はBLも書いているがこの二作はBL分なし。
筆力がすごく高い。

麻城ゆうの「月光界」シリーズ。本格ファンタジー。特異な世界観で
壮大な物語が淡々と進む。大長編だが、説明入っているので
どこから読んでも大丈夫。ただ、最終巻を先に読むのだけは
止めた方がいいいです。 

新堂奈槻の「FATAL ERROR 」シリーズ。男三人主人公だが、
BLではない。オカルト風味サイキックもの? 
この人のは全般にリーダビリティーが高い。

自分が知っている翼で非ホモのオススメ本はこれくらい。
他にありますか?



名前:
コメント: