※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

129 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/04(金) 22:50:01 ID:SbIHuS8L
鏡貴也は文体がスレイの劣化版みたいな印象しか受けられなかったんだよなぁ…
好きな人ごめん。けどあの効果音多用の一人称小説って苦手な人は相当苦手だと思うんで。

これだけだとあれなので一冊紹介。古いんですが
「12月のベロニカ」
ラノベには珍しい(? と解説にはあったが自分には良く分かりません)
叙述トリックを用いた純愛ファンタジー。

女神のよりしろとして一生を眠りの中に過ごす女性「ベロニカ」。
彼女に騎士として選ばれたものには仮初の不死と、最高の名誉が与えられる。
ある者は名誉を求め、ある者は約束を果たすため、多くの男たちが
「ベロニカ」の騎士を求めて集う…。

…と、世界観はこんな感じで。
話の主軸は「ベロニカ」の騎士を巡る男達の友情や確執なんだけど
独特で壮大な世界設定と、純愛に浸りたい人にもお勧め。
ラスト泣ける。

130 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/05(土) 01:24:44 ID:WCpJXRu+
ああ、あれはよかったねぇ・・・(しみじみ)<12月のベロニカ
この作者の人の現代ものの短編集(眠り姫・・・だっけ?)もよかった。

131 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/05(土) 02:01:48 ID:dB5rZ/FT
富士見ファンタジアの逆襲の魔王って既出?
魔王を倒した女勇者が皇帝になるんだが、魔王に惚れてて逆襲にwktkしてるって話なんだが

129-130
貴士潤一郎の12月のベロニカ・眠り姫はいいね
今の煉獄のエスクードも面白いけどこのスレ向きではないのが残念

132 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/05(土) 10:00:28 ID:qHsPaWH6
このスレで貴士潤一郎が持ち上げられるのが意外だ。

女性キャラが男の浪漫を持ち上げるための道具のような
扱いをされているのが目立つから女性読者から不評だろう
という話を聞いていたもんで。

133 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/05(土) 12:05:34 ID:dB5rZ/FT
貴子だった

132
御伽噺フォーマットなんだなぁと特に違和感は無かったけど
女性が受身すぎなのを通り越して道具的ってのはあるかも

134 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/05(土) 19:31:18 ID:PTB4uWQb
132
自分は正にそれが引っかかってしまって貴子作品は好きじゃない。
でも読んでて上手い人だとは思うし、好きな人がいるのも理解は出来るな。

135 名前:イラストに騙された名無しさん[] 投稿日:2006/08/05(土) 23:04:14 ID:k9EoGNPt
132
ベロニカ読んだときにそれは感じた。あくまで女が道具だなーって。

けど自分は元々物語の中で「道具」としてしか描かれない女が好きなんだよね。
現実世界では女でも男と対等にあろうとするのが普通だけど、
昔は女なんて道具かそれ以下の扱いでしかないことざらにあったわけで。
その中で「道具」として大切にされる女性たちにドラマを感じる。
まぁ少数派だという自覚はあるけど。

140 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2006/08/10(木) 23:43:08 ID:P5TSh3Jo
逆ハーものはここでは周囲がホモくさいって話になるよね。
それでもよければ今まであがってるのだと

68
「BLOOD+ロシアンローズ」漲月かりの 角川ビーンズ文庫
75
「彩雲国物語」「封殺鬼」「足のない獅子」

があるみたい。
みたいがつくのは自分は読んだことないから。スマソ。

あと12月のベロニカは、ヒロインに主体性がまるでないことを許せるのなら
ある意味逆ハーと思う。

813 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/14(日) 22:58:26 ID:zg2WMnS8
「12月のベロニカ」読んでみたけど、良かったよ。
じっくりしっとり悲恋の道をひた走っててるのがたまらないね。
ここじゃないけど、勧めてくれた人有り難う。