※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 書籍データ

※ハードカバー版
書籍名 <骨牌使い>の鏡 巻数 全1巻
著者 五代ゆう イラスト 弘司
出版社 富士見書房 シリーズ名 ファンタジー・エッセンシャル
発売日 2000年2月 -- --

※文庫版
書籍名 <骨牌使い>の鏡 巻数 全3巻
著者 五代ゆう イラスト 宮城
出版社 富士見書房 シリーズ名 富士見ファンタジア文庫
発売日(1巻) 2006年3月20日 発売日(3巻) 2006年9月20日



350 :イラストに騙された名無しさん:03/07/11 20:28
もうとっくに紹介されてると思ったけど、ないので。

五代ゆう『<骨牌使い>の鏡』
富士見書房ファンタジーエッセンシャルから出た話です。
花の祭の日、「骨牌」を使った占いの最中、アトリを襲った悲劇が、
すべての物語の始まりとなる。ロナーと名乗る流れ者の剣士の
「お前は十三番目なんだ」という言葉の意味とは。
「骨牌」に翻弄される少女アトリの数奇な運命を描く。

ハードカバーの、ずっしり分量も重いファンタジー。
読み応えはあるかと。


153 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/21(木) 19:44:46 ID:2ZD+WqJ7
152
五代さんのなら、最近スニーカーからでた「(骨牌使い)の鏡」がおすすめ。全三巻。
良くも悪くも、五代さんらしい作品。
女の子が頑張っていて、このスレ的にもあってるかと。

154 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/25(月) 11:50:42 ID:3ZesL8u6
153
×スニーカー
○ファンタジア

骨牌は自分もすすめておく。

156 :152:2006/09/27(水) 19:47:21 ID:0xVOK4hJ
153,154
骨牌まだ1冊目終わったとこだけど、
濃厚なファンタジー世界にひたれて素敵です。
続きを読んでいくのが楽しい。感謝です。

157 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/29(金) 14:42:35 ID:svDAz+uW
骨牌、私も1巻読みました。
世界観は好きだけれど文体がちょっとダメだったかも
台詞が説明っぽくて演劇かなんかのシナリオ集を読んでいるみたいだった

でも続きが気になるから買うと思う

166 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/08(日) 03:28:59 ID:YgJqO/HE
伯妖、ローズテーラーと、その辺りの時代のイギリス大好きなんで
その時代が舞台の作品が増えて嬉しいよ。


骨牌使い読了。
文章が自分の好みに合ってたのか最後まで一気に読めた。
と言うか、むしろもっと長くても良かったくらいで…
一つの物語として綺麗に纏まってるとは思うんだけど、
ちょっと色々物足りない感じが。

でその後、骨牌はまった勢いで>>152さんオススメの
ゴールドベルクとはじまりの骨も買ってみたり…。
152さんと、骨牌オススメで挙げてくれた方ありが㌧。



名前:
コメント: