※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

193 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2007/02/04(日) 02:35:40 ID:f14fBfab
翻訳ですが、
早川SF文庫(創元推理文庫だったかな)の「歌う船」シリーズをお勧めしておきます。
(以下ネタバレになるかも。)
特に二作目の、女主人公をパートナーとして精神的に信頼しあっていた男性が、
主人公がただの宇宙船の管理システムでなく、病気で船に接続され生きなければならない少女である事を知ってしまい、
女性には慣れているはずなのに、無意識に愛称付けて読んでしまったりとバタバタしてるのが萌えました。
どれもハッピーエンドなのも良い。
過去スレ、私の携帯から読めなくて、だめだしされた本だったらすみません。
それにしても、私が小中学生だったころは、ティーンズハートとコバルト派に分かれて、作品というより作家さんがスターだった…
私は小林深雪派でした(笑)
小学館ルルルが、今の世代のティーンズハートになってくれるのに期待