※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 書籍データ
書籍名 氷菓 著者 米澤穂信
出版社 角川書店 シリーズ名 角川文庫
発売日 2001年10月 -- --

書籍名 愚者のエンドロール 著者 米澤穂信
出版社 角川書店 シリーズ名 角川文庫
発売日 2002年7月 -- --

書籍名 クドリャフカの順番 著者 米澤穂信
出版社 角川書店 シリーズ名 角川文庫
発売日(単行本) 2005年5月 発売日(文庫) 2008年5月

書籍名 遠まわりする雛 著者 米澤穂信
出版社 角川書店 シリーズ名 角川文庫
発売日(単行本) 2007年10月 発売日(文庫) 2010年7月

書籍名 ふたりの距離の概算 著者 米澤穂信
出版社 角川書店 -- --
発売日(単行本) 2010年6月30日 発売日(文庫) --



771 :イラストに騙された名無しさん:04/08/03 03:07 ID:43hcNm3u
767
ザスニは自分も読んでないです、スニーカってことでなら
最近面白いのが出るようになったなとは思うけど、
このスレで薦めるものじゃないなぁと。<されどとかムシウタとか好き
ディバイデット・フロントもヒロインに主眼ってことで薦めた。

少し古い(3年程前)のだと米澤穂信の氷菓・愚者のエンドロールとか
同作者(米沢名義)のさよなら妖精(東京創元社)<こっちは今年の2月
が地味~な青春物としていい感じ。
時無ゆたかの明日の夜明けとかも。



73 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 2008/11/23(日) 23:01:20 ID:VfdepStN
過去スレにもぼちぼち挙がってたけど、
米澤穂信さんの「古典部シリーズ」と「小市民シリーズ」をオススメしてみる。

「古典部」のほうは角川文庫と単行本で4冊出てる。
それぞれ1冊目から
「氷菓」「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」「遠まわりする雛」
というタイトル。日常の謎系のミステリで、やる気無い省エネ志向の男子高生が主人公。
ヒロインとか一緒につるんでる面子が「古典部」っていう謎の部活に属して
ささいな謎を解き明かしたりする話。
特に4冊目の「遠まわりする雛」は、このスレの趣旨にもそぐう内容だと思う。

「小市民」は東京創元社から2冊出てて、それぞれ
「春期限定いちごタルト事件」「夏期限定トロピカルパフェ事件」
ってタイトル。こっちも日常の謎系ミステリ。
解きたがりの性格を直そうと、小市民を目指す男子高生小鳩くんと、
小鳩くんと志を同じくする女子高生、小佐内さんの話。


どっちのシリーズも、なんとなく甘くて、そしてほろ苦い読後感が印象的。




名前:
コメント: