コンセント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コンセント

「コンセント」田口ランディの小説デビュー作である。
2000年6月、幻冬舎より発売され、2000年下半期の直木賞候補に上げられた。

目次
1.あらすじ
2.登場人物
3.解説
4.映画

あらすじ

「その少年は、コンセントにつながったときだけ、動くことができるんだ」
引きこもりの末に餓死した兄が残した謎の言葉。奇妙なビデオ映画。彼は私に何を伝えようとしたのだろうか。兄の死の謎を解こうとする私に、異世界への回路が開かれていく。それは、どこに繋がっているのか。

登場人物

  • 朝倉ユキ
    主人公。金融雑誌ライターをする女性。

  • 主人公の年の離れた兄。謎の言葉を残したままこの世を去ってしまう。
  • 国貞篤男
    心理カウンセラーであり、主人公の元担当教授。
  • 木村
    カメラマン。主人公に好意を寄せている。
  • 本田律子
    主人公の元同級生で、文化人類学者。
  • 山岸峰夫
    主人公の元同級生、精神病医。

解説

兄の死の理由、死臭、カウンセリング、性描写、シャーマニズム。
コンセントをキーワードに話が進んでいくのだが、電波的な要素を多く含んだ作品だと思う。
内面へ傾いたようなラストがあまり共感できなかった。

映画

2001年に「コンセント CONCENT」として映画化された。
兄の死をきっけかに、本当の自分に目覚めていく女性の姿を書いたスピリチュアル・ドラマ。
監督:中原俊、原作:田口ランディ、脚色:奥寺佐渡子。



By:A

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|