空の香りを愛するように


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空の香りを愛するように

「空の香りを愛するように」桜井亜美(さくらいあみ)の小 説。
平成18年8月5日に幻冬舎から発行された。

目次
1.あらすじ
2.登場人物
3.不思議な生命体
4.解説

あらすじ

恋人のコウを支えに退屈な毎日を過ごす綾戸紅葉。だが、紅葉は無理に誘われた合コンで集団レイプ に巻き込まれ、不可思議な生命体を身篭ってしまう。絶望の淵を彷徨い、コウと離れることを決意する紅 葉。その前に、ミツルと名乗る少年が現れるが、ミツルもまたコウに特別な感情を抱いていた。決して失 われることのない恋の形を描いた物語。

登場人物

  • 綾戸紅葉(あやどもみじ)
    大手電話会社のマーケティング部門で働く。昔同級生にいじめられたことをきっかけに、他人を心から信 用することができなくなった。
  • 505
    紅葉の目の前で飛び降り自殺を図った少年。リーバイスの505ジーンズをはいていたことから、紅葉の中で は505と呼ばれている。
  • コウ
    紅葉の2歳年下の恋人。学生。紅葉が唯一素直に心を開ける人間。
  • ミツル
    紅葉が遊園地で出会った、赤いジャンパーを着た少年。「鳥の影から逃げないで」と謎の言葉を紅葉に投 げかける。505と何か繋がりが・・・?
  • イツキ
    サラリーマン。集団レイプ犯の一人で、紅葉と一緒に合コンに参加していた女性が、彼を経由してHIVに感 染してしまった可能性がある。

不思議な生命体

紅葉が身篭ってしまったポリープでも腫瘍でもない、胎児でもない白い球体に似た謎の有機生命体。成分はおそらく炭酸カルシウムやマグネシウムで、周囲の細胞から酸素を取り込み呼吸をしている。

解説

集団レイプ、心の闇、そして不思議な生命体。
虚ろな心を抱えた人間たちが、絶望を乗り越えて生きていく様が書かれている。
桜井亜美らしい要素を存分に含んだ作品だと思う。カバーの色彩も素晴らしい。
ただ読み終わった後、何か心に響くものが足りないような感じがしたのも事実であった。



By:A

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|