イノセントワールド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イノセントワールド

「イノセントワールド」桜井亜美のデビュー小説。
1996年に幻冬舎から発売された。定価457円+税。1998年には映画化もされた。

目次
1.あらすじ
2.登場人物
3.解説
4.映画

あらすじ

支えあうように快楽でむすぶ、知的障害の兄との関係。「テレファックス」と呼び合う売春。精子ド ナーによる自己の出生の秘密。やがて兄の子供を身ごもってしまう・・・。さまよい、新しい現実感で生 き抜く十七歳の女子高生「アミ」。危険な生の輝きを伝える桜井亜美の鮮烈なデビュー小説。

登場人物

  • 珠泉アミ
    主人公で17歳。頭がよく、整った顔をした少女。引き離された兄と会うためのお金を稼ぐため、「テレフ ァックス」を続ける。
  • タクヤ
    アミの2歳年上の兄。生まれつき知的障害を持っていて、定時制高校の特別なクラスに行っている。色が浅 黒く、過剰に端正な顔立ちをしている。
  • マサキ
    「テレファックス」のスタッフでクールなエリート。しかしひどい視線恐怖症で、プロテクターとしてい つもメガネをかけている。
  • ドナーNo.307
    事実上のアミの父親。兄と同じ障害を持ってアミが産まれてくることを恐れた母親が、精子ドナーを利用 した。

解説

兄との関係、自分は父親の本当の子供ではないという事実、希望も絶望も全部つまった作品である。アミ とは桜井亜美本人のことなのか?と少し気になった。あとがきもアミからなのか、亜美からなのか、とて も曖昧に書かれている。ただそういったことを抜きにしても、次々と起こる出来事にどんどんと引き込ま れていき、一気に読めてしまった。

映画

1998年に小説を原作に制作された。監督は下山天、脚本は小川智子、フォトグラファーは蜷川実花。
ヤクヤを安藤政信が、アミを竹内結子が演じている。竹内にとっては本作が映画初主演である。



By:A

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|