ブリジット・ジョーンズの日記【上】きれそうなわたしの12ヶ月


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブリジット・ジョーンズの日記【上】きれそうなわたしの12か月

「ブリジット・ジョーンズの日記【上】きれそうなわたしの12ヶ月」[ 著]ヘレン・フィールディング、[訳]亀井よし子の小説。
2000年6月にソニー・マガジンズより単行本として刊行された『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそう なわたしの12か月 春夏篇』を改題して文庫化し、2004年12月にソニー・マガジンズより刊行された。定 価700円+税。同題名の下巻がある。「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編。

目次
1.あらすじ
2.登場人物
3.contents
4.解説
5.リンク

あらすじ

ブリジット・ジョーンズ、30代、マスコミ勤務、結婚暦なし。
その年の暮れ、超敏腕弁護士マーク・ダーシーによって一家の危機を救われ、マークとの愛を確かめ合っ たブリジット。念願のボーイフレンドができて、このうえなくハッピーな一年がくる・・・そう信じてい た。「荒野をさまようような年月は終わった。もうこれで<愛に見放された社会ののけ者>じゃないこと が証明された!ばんざーい!」とばかりに。でも、やはり安定した生活は長くはつづかなかった・・・。
あのブリジットが帰ってきた。しかもパワーアップして・・・大変よろしい。

登場人物

  • ブリジット・ジョーンズ
    テレビ局に勤める主人公。ロンドンで一人暮らしをする30代の独身女性。ダイエット、節酒、禁煙などの 目標はことごとく達成できないものの、ボーイフレンドを得て、大満足している。
  • マーク・ダーシー
    ブリジットのボーイフレンド。名の知られた敏腕弁護士。ホランド・パークに豪邸をかまえるバツイチ。
  • ジュード
    ブリジットの親友。金融機関に勤めるキャリア・ウーマン。恋人リチャードどくっついたり別れたりを繰 り返している。
  • シャロン
    ブリジットの親友。フェミニストとして気炎を上げているが、男性に関心がないわけではない。最近は親 友のサイモンが気になっている。
  • トム
    ブリジットの親友。ゲイ。ブリジットたちのよき相談相手。
  • マグダ
    ブリジットの友人。かつてはキャリア・ウーマンだったが、結婚して、専業主婦になりいまは子育てに追 われている。
  • レベッカ
    ブリジットの友人。人の弱点にムチを振るような毒舌家。マークをめぐって、ブリジットの恋敵になる。
  • ウェリントン
    ブリジットの母がケニアから連れてきた青年。
  • ゲイリー
    ブリジットが友人マグダから紹介されてフラットの工事を頼んだ大工さん。
  • ダニエル・クリーヴァー
    ブリジットの元上司で、元彼。一時ブリジットと恋愛関係になるが、二股が発覚し別れる。

contents

  • 1.そして、しあわせにくらしましたとさ
  • 2.クラゲのちょっかい
  • 3.運命の暗転!?
  • 4.説きふせられて
  • 5.ミスター・ダーシー、ミスター・ダーシー
  • 6.イタリアでお仕事
  • 7.ぐらつくシングルトン

解説

前作に引き続き、ブリジットの日記という形で話が進んでいく作品。相手の一言に一喜一憂するブリジ ットが非常にリアルでかわいらしく、こんな人いそうだな、と思えるほどである。そしてやっぱり、とい うべきか、幸せから始まるにも関わらず、恋に仕事に迷走。がんばれブリジット、まけるなブリジット。 下巻を読むのが楽しみな内容であった。

リンク

ブリジット・ジョーンズの日記
ブリジット・ジョーンズの日記【下】きれそうなわたしの12ヶ月

By:A

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|