えっちなお姉さんズ(110)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「指・・・抜いて・・・」
僕が出し終わると、友理奈が僕に振り返ってそう言いました。
僕は頷いてゆっくり親指を抜きました。
「んっ!・・・あぁっ!・・・あんっ!」
指が抜けてしまうと、友理奈はちんちんを軸にゆっくり身体を回し僕と向き合いました。
そしてゆっくり身体を倒し、僕を抱きしめました。
「ゆ、友理奈・・・苦しいよぉ・・・」
「あっ、ごめんね・・・」
友理奈の胸に顔を塞がれた僕が言うと、友理奈は僕を抱いたまま横に倒れ、僕を上にしてくれました。
「友理奈ぁ・・・気持ちよかった?」
「うん・・・騎乗位でいっしょにいけたねっ!」
「ごめんね。お尻もしないといっしょにいけなくて・・・」
「ううん・・・気持ちよかったからいいの・・・またしようね・・・」
僕は友理奈に抱きついて、可愛い乳首を舐めながらちんちんをゆっくり動かしました。
「あっ!・・・つ、続けるのぉ?・・・」
「ううん・・・ちんちんが小さくならないようにしてるだけ。」
僕がそう言うと、友理奈は微笑んで目を閉じ、僕を優しく抱きしめました。
僕はゆっくり動きながら、ちんちんが復活するのを待ちました。
出して言うことを聞かなくなったちんちんに、少しずつ感覚が戻って来ます。
お尻の穴に力を入れると先っぽを膨らませられるまで感覚が戻ったので、僕は友理奈の中を少し速く動きはじめました。
「友理奈・・・お尻・・・気持ちよかった?」
「うん。」
「あのね・・・お尻にちんちん入れちゃだめ?・・・」
なんとなく思いついちゃって、どうしても友理奈のお尻に入れてみたくなっちゃったんです・・・
「えぇっ!・・・だめだよぉ・・・そんなことぉ・・・」
友理奈はちょっと驚いて僕を見つめ、目を逸らしながら拒絶しました。

「ねえ、おねがいっ!どうしても入れてみたいんだ!・・・だめ?」
「だってぇ・・・」
友理奈は顔を真っ赤にして恥ずかしそうに僕を見つめました。
「僕キスもおまんこも佐紀ちゃんが初めてだったから・・・お尻は友理奈に最初に入れたい・・・」
「でもぉ・・・」
「このままじゃがまん出来なくって、明日佐紀ちゃんにお願いしちゃいそうなのっ!
 多分佐紀ちゃんは断らないから・・・だからおねがいっ!」
僕が必死にお願いすると、友理奈はゆっくり起き上がり、僕を抱き締めました。
「じゃあいいけどぉ・・・お尻が好きになっちゃだめよぉ・・・」
「うんっ!ちゃんとおまんこにもするからっ!」
「もうっ!・・・んっ・・・」
赤くなってほっぺたを膨らませながら、友理奈が優しくキスしてくれました。
「おちんちん・・・すぐ洗えるように、お風呂でしようよ・・・」
「うん・・・じゃあ一回抜くよ・・・」
「んっ・・・あっ!・・・」
僕がちんちんを抜くと、身体を起こしていた友理奈のおまんこから、白いのが溢れ出ました。
「お尻に入れちゃう前に・・・んっ・・・」
「あぁっ!友理奈ぁっ!」
友理奈が僕のちんちんを吸いながら舐め、残り汁と周りに着いた白いのをきれいにしてくれました。
このまま口に出しちゃいたい気持ちよさだけど、お尻のためにここはがまんです!
僕は友理奈のほっぺたを両手で挟んで顔を上げさせ、軽くキスして立ち上がりました。
友理奈の手を引いて立たせ、太腿に白いのを垂らす友理奈を連れてお風呂に向かいました。
これから友理奈のお尻に・・・あっ!がまん汁が垂れちゃいます!


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。