えっちなお姉さんズ(114)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あぁっ!友理奈の頭がすごい速さでっ!
根元を掴んでる友理奈の右手も動きはじめました。ちんちんをっ!ちんちんをしごくんですっ!
僕は全身を突っ張らせて耐えるために、後に倒れて体を伸ばしました。
「あんっ!もうっ!・・・」
「あっ!あぁっ!」
友理奈はがまんする僕にちょっと怒って・・・左手で玉をいじりはじめたんです!
「んっ・・・んんっ・・・んっ・・・」
友理奈が口の中で一番先を舌で舐め、先っぽを唇で擦りながら、根元を手でしごいて玉をいじるんですっ!
「出るっ!出ちゃうぅっ!」
「んんっ!」
友理奈の全部の動きが速さと強さを増しました。もうだめですっ!
「もっ、もうだめぇっ!出るぅっ!・・・んあぁっ!」
「んっ!んーっ!」
「あぁっ!だめぇっ!出てるのに吸っちゃだめぇっ!あっ!あぁっ!」
白いのが出てただでさえ気持ちいいのに・・・友理奈に吸い出されちゃって・・・
体が勝手にビクビク跳ねちゃってるんです・・・
「あっ!うあぁ・・・もう出ないよぉ・・・んあっ!・・・」
友理奈が先っぽを吸いながら、やっとちんちんから口を離してくれました。
「だいぶ薄くなっちゃったね。」
「あうぅ・・・だからだめって言ったのにぃ・・・」
「ごめんね。あんっ!小さくなっちゃだめっ!・・・復活するまでペロペロしてあげる・・・」
「あっ!」
朝からずーっとしてたから、ちんちんが疲れてきてるみたいで・・・
でも、小さくなりかけたちんちんを、友理奈が優しく舐めてくれてるんです。
小さく成りかけたちんちんはすぐに元に戻りました。
「もう大丈夫?」
「うん・・・でも、もう少し舐めててくれる?」
「うんっ!」
大きさは戻ったけど、感覚がまだなんです。
友理奈にもそれは分かってるみたいで、笑顔で頷くと、また先っぽを咥えて優しく舐めてくれました。

「友理奈もういいよ。」
「んっ・・・だいじょうぶなの?」
ちんちんから顔を上げた友理奈が、僕を見上げて聞きました。
僕はゆっくり首を振って、友理奈の手を引きベッドに誘いました。
「ちんちんが元に戻ったらすぐ入れられるように、僕が友理奈を舐めてあげる。」
「うん・・・」
ベッドに上がりながら、友理奈がちょっと赤くなって嬉しそうに頷きました。
友理奈はベッドに上がって僕の前に座り、僕に軽くキスしました。
「じゃあお願いしちゃおっ!」
友理奈はそう言って微笑み、仰向けに寝転びました。
「友理奈、脚開いて。」
「うん・・・」
僕がお願いすると、友理奈は肩幅に脚を開いてくれました。
僕はその間に体を入れ、友理奈の膝裏に手を当て立膝にさせて、更に大きく友理奈の股を割り広げました。
何度見てもきれいな友理奈のおまんこが、大きく開かれた両脚に引っ張られ、少しだけ中身を見せています。
「開くよ・・・」
僕がそう言うと、友理奈は恥ずかしそうに黙って頷きました。
くちゅっと音がして、友理奈のおまんこが中身を僕に晒しました。
今日もたくさんちんちんを入れたのに・・・友理奈のおまんこはピンクで可愛いまんまです!
「友理奈・・・すっごくきれい・・・」
「やぁんっ!見てないで舐めてっ!・・・もうっえっちぃ・・・」
友理奈が恥ずかしがって僕から目を逸らします。可愛いです。
僕は透明な汁を溢れさせている、友理奈のおまんこの穴に舌を当て、そっとゆっくり中に入れました。
「んっ・・・あっ!・・・」
友理奈の内腿がピクッと震え、1度僕の頭を挟んだ後、またゆっくり開いて行きました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。