えっちなお姉さんズ(125)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕が力を抜いた一瞬を狙って、雅ちゃんは舌先をお尻の穴に潜り込ませたんです。
雅ちゃんの舌先がっ!・・・お尻の中でレロレロ動きまわるんですぅ・・・
「雅ちゃんっ!お尻されると・・・出ちゃうぅ・・・あっ!出ちゃうってばぁっ!」
「あんっ!出しちゃだめっ!」
雅ちゃんがやっと顔を上げて、僕の体をお湯に沈めてくれました。
「攻められるとほんとに弱いのね・・・可愛いっ!」
「あっ!」
雅ちゃんは僕に微笑んで、それから僕の乳首に吸い付きました。
出ちゃいそうな気持ちよさとは違うけど、体がクネクネしちゃいます・・・
雅ちゃんはそんな僕を見て嬉しそうに笑い、キスして舌を入れながら僕の腰を跨ぎました。
「入れちゃうよ。」
「待ってっ!今入れられたらすぐ出ちゃうっ!おねがいっ!」
必死にお願いする僕に、雅ちゃんが首を振りました。
「だめっ・・・入れたら動かないでいてあげるから、みやの中でがまんして・・・んっ!・・・んあっ!」
「おねがい雅ちゃんっ!・・・あっ!あぁっ!・・・」
おねがいしたのにぃ・・・僕のちんちんはあったくて柔らかいお肉の中です・・・
動かなくても、入ってるだけで気持ちいい雅ちゃんのおまんこの中なんです・・・
「止まっててあげるから・・・出しちゃだめよ・・・」
そう言って雅ちゃんは僕に抱きつきました。
「あぁっ!・・・」
雅ちゃんが身体を前に倒したので、奥のコリコリが先っぽを擦ったんです・・・危なかったです・・・
「ベロ出して・・・」
「うん・・・んんっ!・・・」
雅ちゃんが僕を抱いたまま、僕の舌を吸いだして、口の中で舐めてくれてます。
舌とちんちん両方が、雅ちゃんの柔らかいお肉で舐められて・・・もうだめですぅ・・・

「んっ!んんっ!」
僕は雅ちゃんの背中を叩きました。
舌を吸われているので、雅ちゃんに危ないって伝えるにはそれしかないんです。
「んっ・・・出ちゃいそうなの?」
「うん・・・もうだめ・・・ごめんね・・・」
雅ちゃんは優しく微笑んで、浴槽に寝そべるように倒れている僕を抱き起こしました。
「こうすると少しは出難くなるでしょう。」
「そうなのかなぁ?・・・」
「精液の通り道が締まるから大丈夫よ。」
そう言いながら雅ちゃんは僕の上で腰の位置を少し直しました。
「いかせてあげるねっ・・・んっ!・・・んあっ!あんっ!・・・」
「んあぁっ!いきなりそんな速くっ!・・・だめぇっ!」
雅ちゃんが僕の首に両手をまわして抱きついたまま、ちんちんを激しく出し入れしはじめたんです!
思いっきり締めながらちんちんが抜ける寸前まで腰を引いて・・・
奥のコリコリを先っぽにぶつけるように、また深く入れるんですっ!
雅ちゃんの柔らかなヒダヒダが先っぽを擦って・・・がまんなんか出来ませんっ!
「雅ちゃん出るぅっ!」
「出してっ!出たら思いっきり締めてあげるからっ!」
ええっ?じゃあ今はそんなに締めてないの?
あっ!もっ、もう止めらんないぃっ!
「雅ちゃぁんっ!んあっ!・・・あぁっ!・・・あっ・・・」
「あんっ!出てるぅ・・・んっ!・・・」
「んあぁっ!そんなぁっ!・・・」
僕が白いのを奥に塗りつけると、雅ちゃんが息んでおまんこを締めたんですっ!
狭くなったちんちんの中を白いのが凄い勢いで通り抜けて・・・
「んあっ!・・・あぁっ!・・・」
僕は雅ちゃんに力一杯しがみついて、ものすごい気持ちよさに泣きながら白いのを出しました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。