えっちなお姉さんズ(128)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んあぁっ!佐紀ちゃんっ!すごいぃっ!いいよぉっ!」
雅ちゃんが全身をピクピクさせています。
佐紀ちゃんにはちんちんないのに、なんか動きが手馴れてます・・・女の子の動き方と違うはずなのに・・・
奥を細かく突付いたり、大きく出し入れしたり、ちょっと回転を加えてみたり。
佐紀ちゃんのちん太くんは、同じ動きを繰り返さないんです。
すごいです。佐紀ちゃん・・・
「あっ!んあぁっ!もうだめっ!いっちゃうぅっ!」
「みやっ!いいわよっ!いっていいわよっ!」
「あぁんっ!佐紀ちゃぁんっ!」
佐紀ちゃんの動きが激しさを増し、雅ちゃんの背中が反り上がりました。イクのかな?雅ちゃん・・・
雅ちゃんのおまんこがすごく締まってるみたいで、佐紀ちゃんが腰を引くたびに
ちん太くんを咥えて放さない雅ちゃんのおまんこが、大きく盛り上がります。すごくえっちです!
「あぁっ!イクっ!もうだめっ!イクっ!いっちゃうぅっ!」
「みやの好きなのしてあげるっ!」
佐紀ちゃんが奥を突く度に、腰を回して雅ちゃんの奥をグリグリしはじめました。
「それだめぇっ!あぁっ!いやっ!イクっ!イクぅっ!・・・んあぁっ!・・・」
雅ちゃんがいっちゃいました。
佐紀ちゃんは雅ちゃんがイクのに合わせて、ちん太くんで雅ちゃんの奥のコリコリをグリグリ圧迫してるんです。
「いってるのに、今いってるのにぃ・・・それされたら・・・あぁっ!いやぁっ!・・・」
いってる最中に大好きな奥壁をグリグリされて、雅ちゃんが更に身体を反らせてピクピクしはじめました。
「あうっ!・・・あっ!・・・んあぁっ!はあぁっ!・・・あっ!・・・」
雅ちゃんは一際大きく身体をビクっと振るわせ、マットに崩れ落ちました。
ピクっ、ピクっと細かく痙攣しながらぐったりしています。
僕はマットを這い上がって雅ちゃんを見ました。
雅ちゃんはいった時の表情のまま痙攣し続けています。
「雅ちゃん大丈夫なの?」
「ちょっと強くいかせすぎちゃったかなぁ・・・すぐ気が付くと思うけど・・・」
佐紀ちゃんは頭を掻きながらそう言って、雅ちゃんに身体を重ね、ちん太くんを少し引きました。

「みや可愛い・・・」
佐紀ちゃんはいっちゃって意識が無い雅ちゃんの乳首を舐めはじめました。
意識は無いのに、雅ちゃんは敏感にピクピク反応しています。
さっき見せられた女の子同士の激しいえっちで、僕ももうたまんないんです!
僕はもう1度佐紀ちゃんの後ろにまわり、佐紀ちゃんの股の間に腹這いになりました。
佐紀ちゃんのおまんこはさっきよりも更にヌルヌルになってて・・・もうがまんできません!
「んあっ!やっ!ちょっと・・・あっ!だめっ!今日はみやの練習の日なんだからぁっ!」
僕がおまんこに舌を突っ込んで舐めまわすと、佐紀ちゃんが慌てて雅ちゃんのおっぱいから顔を上げました。
「ねえ、あっ!いやっ、だめだってばぁっ!」
「佐紀ちゃんがいけないんだよ・・・あんなえっち見せられたら、僕がまんできないよ。」
僕は佐紀ちゃんに入れたくて仕方ないんだけど、それはなんとかがまんしてヌルヌルのおまんこを舐めました。
「あっ!・・・んあっ!あたしだって・・・みやの練習見ながらがまんしてたんだからぁっ!あぁっ!」
「・・・だったら今日はもう練習止めようよ。ねっ、佐紀ちゃん・・・」
僕は佐紀ちゃんの身体をずり上がり、後から抱きついて耳元に息を掛けました。
ちんちんも右手を添えて、先っぽでおまんこを擦り上げてます。
「あんっ!だめぇ・・・」
佐紀ちゃんはさっきからだめって言ってるけど、ちっとも抵抗はしないんです。
きっと佐紀ちゃんだってがまんの限界なんです。
「佐紀ちゃん、僕がまんできない・・・入れるよっ!」
「だめっ!・・・んっ!・・・んあっあぁっ!・・・」
僕は一気に根元まで佐紀ちゃんにちんちんを入れました。
ちんちんが入って来る感覚に反りあがった佐紀ちゃんの背中が、奥まで入るとゆっくり落ちて雅ちゃんに重なりました。
「だめって言ったのにぃ・・・せっかくがまんしてたのにぃ・・・」
「ごめんね佐紀ちゃん。練習の続きは明日しよう。今日はこのまま・・・ねっ。」
「・・・うん・・・」
佐紀ちゃんがやっとOKしてくれました。
これで気兼ねなく佐紀ちゃんに白いのを出せます!
佐紀ちゃんが泣きそうな顔で僕に振り向きました。
「いっしょにいこうね・・・いっぱい出してね・・・」
なんだかたまらなくなって・・・僕は無言で頷き、ちんちんを動かしはじめました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。